お化粧のポイントはピンク!毎日可愛い私になるためのメイクテク♪

BEAUTY

女の子を一番可愛くする色と言えばやっぱり"ピンク"!
チークやリップだけでなく、アイメイクにも普段使いしたいところ♡
今回はいつものメイクにできる、ピンクメイクについてご紹介します♪

高月ルナ
高月ルナ
2016.01.04

▷アイメイクにピンクを入れる前に……

アイメイクにピンクを投入する前に、覚えておいてほしいことがあります。

一般的に、普段のアイメイクは、ベージュやオレンジやブラウンでまとめることが多いですよね。
そこにピンクや赤みを持ってくることで、全体的に色味や明るさが増します。
目はとても印象深いパーツなのです。

目に色みを持ってくるとき、リップorチークの最低どちらかを控えめにするというのが鉄則です。
メイクの中で濃くしてもいい個所、色みをふんだんに使ってもいい場所は、1ヶ所もしくは2ヶ所ですよ♪

▷普段使いに持って来いの色とは?

普段使いできる、ピンクメイクに持って来いの色みをご紹介!
今回は、服のテイストや肌の色の濃さによって選ぶことができるように、2色ご紹介します。

1つめはピンクオレンジです。
ピンクに肌なじみの良いオレンジが含まれることで、今までのアイシャドウとは、さほど変わらずに使うことができます。

2つめはスモーキーピンク。
スモーキーピンクはバーガンディに近い色みとなっています。
こちらの色は、モノトーンが多い人や大人ぽい顔立ちの人に向いていますよ♪

▷ピンクオレンジを選らんだあなたは……♡

ピンクオレンジでおすすめしたいのが、アイメイクとチークに重点を持ってきたメイク。

① アイシャドウを二重幅より少し広めに入れます。
② 下まぶたにもぐるっと、目全体を囲うように入れましょう。
③ 目尻の二重幅が広くなっているところ、もともと二重幅が広くてよく見える人は、少し濃い目に入れると、より印象的な目元に仕上がります。

チークもリップも使うのはコーラルで◎
普段と違う色に挑戦したときは、全体のトーンをまとめるのが成功への近道♪

チークは目の下の高めの位置に、広く伸ばしすぎないように、濃い目に入れます。
リップはコーラルカラーの色付きリップでナチュラルな仕上がりに♡

▷スモーキーピンクを選んだあなたは……♡

スモーキーピンクでは、少し妖艶な雰囲気も取り入れていきたいところ。
大人っぽい雰囲気を出すためには、アイメイクとリップのバランスがもっとも重要!
チークは骨格強調のために使う程度で◎

スモーキーピンクのアイシャドウは、幅広に使わない方が品よく仕上がります。
アイラインのように使い(使っても二重幅未満で!)、目尻にかけて太めに、跳ね上げるように描くのが小悪魔っぽくなって可愛いですよ♡
下まぶたの目尻付近も、いつもブラウンアイシャドウでたれ目風にしている人はスモーキーピンクですませてOK!

夜に人と会ったり、パーティなどのイベントでは、さらに上から漆黒のリキッドライナーでアイラインを補強。
ぐっと引き締まり大人の女性度が増します☆

リップはアイシャドウにつかった色味よりも濃いカラーを選ぶのがベスト。
ローズ系の濃い目だったり、赤系でも問題ありません◎

チークは骨格を強調するためのみ使用。
肌なじみが良く、浮かないように同系色を使い、顔の中心よりは頬骨に沿うようなイメージで。

いかがでしたか?
可愛く見せてくれるピンクメイク。
せっかくだから毎日取り入れたいですよね♡
二つのピンクメイクでいろんな顔になっちゃってください!

2016.01.04 UP
※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。