本当の自分を隠しちゃうのが原因?「悪目立ちする人」の特徴&改善法

目立つ存在には憧れますよね。
けれど目立つ存在を目指しているつもりが、一歩間違えて悪目立ちしているかもしれません……!
こんな間違いをしないためにも、「悪目立ちする人」の特徴を知っておきましょう!

「悪目立ちする人」の特徴①「とにかく目立ちたい」という思いが強すぎる

「とにかく目立ちたい!」という思いを持っているのが、悪目立ちする人の大きな特徴です。

この思いを強く持っている人は、物事を決めるときの判断基準が、他人と違うことになっている人も多そうです。

他人と違うことを選ぶ勇気があるのは、素晴らしいことだと思います。
けれども判断基準が、「他人と違うこと」だと、周りに左右された他人軸の考え方ともいえます。
他人軸だけで生きるのは、つまらないものです……。

自分軸で考えることができるようになれば、特別目立つ存在じゃなくても、自分の立ち位置に納得できるでしょう。
自分軸を見つけてから、目立つ努力をした方がよさそうですね!

「悪目立ちする人」の特徴②声が大きい、ファッションに気遣いがない

声が大きい人は、悪目立ちしている可能性があります。
声が大きい人が苦手という人は、とても多くいます。
「ドキッとして疲れる」「一緒にいると恥ずかしい」という声もあります……。

声が大きい人は、声のボリュームを調整できるようになりましょう。
周囲を見渡して、その時その時で、最適な声のボリュームを見つけてください。

また、とにかく目立ちたい!という思いを強く持つと、派手なファッションやメイクを好みがちに。
ファッションやメイクも個人の自由ですが、仕事で疲れている彼氏や友達に会う時は、淡い色の洋服やナチュラルメイクを選んだ方がいいかもしれません。

オシャレには、TPOや相手に合わせる気遣いも必要ですよ!

「悪目立ちする人」の特徴③タイミングを間違えやすい

タイミングを間違えやすい人も悪目立ちしそうです。
空気が読めないとタイミングを間違えるので、空気を読む努力をしましょう!

<空気が読める人の特徴>
✔︎自分の立場を把握している
✔︎相手の立場に立って考えられる、相手の表情や態度から気持ちを察する
✔︎簡潔に話す、余計なことを言わない

またいい意味で目立つ人は、場の空気が乱れたら、空気をいい方向にコントロールできます。

周囲の人に対する思いやりを持って自分の意見を言うと、場の空気が変わるかもしれませんね♪

「悪目立ちする人」の特徴④やたらと媚びる、いちいちカンに触る

やたらと媚びる女性も悪目立ちします。
このような女性は猫なで声を出したり、笑ってごまかしたりするのが上手ですが、悪目立ちするでしょう。

下手な媚び方をする女性は、周囲の女性だけでなく男性からも「いちいちカンに触るやつだな〜」と思われてしまうことも。
知らず知らずのうちに、周囲にイライラの種をバラまいているかも……。

媚びない女性が1番カッコいいですが、媚びを売るなら、あからさまではなくさりげなく感を心がけてくださいね!

「悪目立ちする人」の特徴⑤本当の自分を隠しすぎる

生まれ持った性格が他人と少し違う個性的な人は、そんな自分がイヤで、それを隠そうとした経験はありませんか?

このような、生まれたときから目立つタイプの人は、それを隠そうとすると悪目立ちしてしまうかもしれません。
隠すのをやめると、魅力的な存在感が放たれるのではないでしょうか?

また悪目立ちしないためにも、常識を身につけると良いでしょう。
常識にとらわれすぎるのも良くありませんが、常識を知らなすぎる大人は恥ずかしいですよ!

「自分軸」「思いやり」「最低限の常識」が、いい意味で目立つ人に近づくためのポイントです♪
悪目立ちする人の特徴をご紹介しました。
いい意味で目立つ人には、自分から目立とうとしない人が多いように感じます。
謙虚な姿勢も、魅力的な存在感の秘訣です!

【関連記事】「適度な距離感」で決まる!第一印象がよくなる4つのアクション

春は新しい出会いも多い時期ですね。初対面の方と会う機会も何かと多くなりますし、恋愛の出...

悪目立ち 特徴 改善 原因 方法 目立つ 存在感

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

楠原諒子

読者モデル、サロンモデル、WEBライター
野菜コーディネーター、国際薬膳食育師3級の資格を持って…

>もっとみる