女子の本音!「壁ドンすればキュンとする」は誤解だった

LOVE

「壁ドン」や「あごくい」が流行って、「女の子は強引さが好き」と信じこんでいる男性がたくさんいますが、それは誤解です!
何も考えず、とりあえず強引に女の子にせまるのはやめましょう。
ちゃらくてモテる人は、その分女の子のことを本気で思いやっているからこそ、強引さが上手くトキメキに繋がるのです。
今回は、ただちゃらい人と、ちゃらいけどモテる人の違いを紹介します!

女の子が嫌がっているのは「恥ずかしいから」という誤解

引用:togetter.com

女の子のことを心から思いやっていない男性にありがちなのが、「彼女が断っているのは恥ずかしがっているからだ」というなんとも都合のいい誤解です。

「家に遊びに来ない?」と聞いて、「うーん、明日早いからやめておくよ~」と、やんわり断っても、しつこく「どうして?大丈夫だよ」などとせまり続ける男性がいます。

友達として彼を傷つけることを恐れて、はっきり行きたくないと主張できない女の子はたくさんいます。それを勘違いして誘い続けるのは、女の子にとってとても迷惑な話です。

女の子にもその気があるときは、別れ際にさみしそうな表情を見せたり、自分から次のデートに繋がるような話をしたりと、何かしらのサインがあるはずです。女の子のことを心から思いやって、本音を見抜いて欲しいですね。

壁ドンは誰がやってもキュンとするわけではない

引用:www.excite.co.jp

はっきり言います。
壁ドンは、「気になっているかっこいい彼だから」きゅんとするのです。それ以外の男性にやられても、ただただ怖いだけです。

恐怖心で逃げられなくなる女の子もいるので、ある程度お互いの気持ちがはっきりわかっている場合のみでお願いします。

一歩間違えると、恐怖心が植えつけられて、もう元の関係には戻れなくなる可能性もあるので、そのようなリスクを承知の上で使うことができる、上級者の技だと言えます。

ただし、マンネリ化してドキドキが少ないカップルにはとても効果的なので、用法容量を正しく守ってご利用ください♡

ちゃらいけどモテる人はここが違う① 余裕

引用:dateadviceguy.com

それでは、ただちゃらくて強引な人と、一見ちゃらいのになぜかモテる人はどこが違うのでしょうか。

まず一つ目はすばり「余裕」です。
ちゃらいけどなぜかモテる人は、常に余裕があり、自分から無理やり迫ることはありません。

モテるからこそ、一人の女の子に執着する必要がなく、また、コミュニケーション能力も高いので、女の子の本音を見抜く力にも長けています。女の子はこの「ちょっとクールな大人の余裕」にキュンとしてしまうのです。

少し冷たくあしらわれることで女の子は自分から追いかけたくなり、「私じゃなくてもいいのかも」という不安を抱えているところで、強引に求められると、女の子は一気に恋に落ちてしまいます。
ちゃらくてモテる人は、意図的にせよ天性のものにせよ、この加減がとても上手な人が多いです。

ちゃらいけどモテる人はここが違う② 来る者拒まず、去る者追わず

引用:www.askmen.com

そして次の特徴が、自分からしつこく迫ることはないけれど、女の子から連絡したらいつでも優しく受け入れてくれることです。ちゃらくてモテる人は人生を楽しむのが上手なので、自分から頻繁に連絡することはありません。

でもたまに連絡したときは、かっこつけずに優しく受け入れてくれます。
「私のこと忘れてなかったんだ」
そう思った瞬間に女の子は思わず嬉しくなってしまいます♪

まさに来る者拒まず、去る者追わず、という感じですが、女の子の本音を見抜いた上で、ベストな関係を築いてくれるので、結局完全に離れることはありません。そうやっていつの間にか仲の良い女友達が増えていくのです♪

このように、単なる強引さがいいのではなく、女の子の本音を見抜いた上で、ベストなタイミングで少し強引に求められることが、女の子をきゅんとさせるのでしょう♡

いかがでしたか?
ブームに乗って自分勝手に強引さを出すのではなく、女の子のことを本当に思いやったうえで、たまに恋愛のスパイスとして強引さを取り入れていくことがベストだと思います♡