三谷幸喜監督の映画『ザ・マジックアワー』が痛快すぎる♡

LIFESTYLE

映画監督の三谷幸喜さんといえば、「古畑任三郎」や「王様のレストラン」などの面白いドラマの脚本家として有名ですよね。
そんな三谷幸喜さんが脚本・監督を務めた『ザ・マジックアワー』の魅力をご紹介致します。

三谷幸喜監督映画『ザ・マジックアワー』とは。

出典:ganref.jp

三谷幸喜監督映画『ザ・マジックアワー』は、2008年6月7日に全国公開された日本映画です。

題名の「マジックアワー」とは、日没後の「太陽は沈み切り、まだ辺りが残光に照らされたほんのわずかな最も美しい時間帯」を意味する言葉です。
そこから意味が転じて「誰にでもある『人生で最も輝く瞬間』」を意味しているそうです。

『ザ・マジックアワー』とは、主人公の人生で最も輝いた時を描いた作品です。

三谷幸喜監督映画『ザ・マジックアワー』あらすじ

暗黒界のボス・天塩幸之助(西田敏行)の愛人・高千穂マリ(深津絵里)に手を出した手下の男・備後登(妻夫木聡)。
ボスの怒りを買い、命の代償に提示された条件は「伝説の殺し屋・デラ富樫」を探してくる事だった…。

期限の5日までに探し出す事が出来ないと悟った備後は、無名の三流役者・村田大樹(佐藤浩市)雇って殺し屋に仕立て上げる苦肉の策を思いつく。

登場人物の嘘と思いこみで巻き起こる、笑いと感動は必見です!

三谷幸喜監督映画『ザ・マジックアワー』の見所①▷豪華なキャストに注目★

出典:eiga.com

三谷幸喜監督の作品は毎回、豪華なキャスティングも見所です!

メインキャストである佐藤浩市さん、西田敏行さん、妻夫木聡さん、深津絵里さんとこの4人が並ぶだけでも豪華ですよね!

そのほかにも脇を固める小日向文世さんや、映画の中の劇中劇に出演している、中井貴一さんや天海祐希さん、唐沢寿明さんと名前を聞いただけで顔が思い浮かぶ、俳優や女優さんがたくさん出てきます。

また、三谷監督の描く登場人物たちは、脇役であってもキャラクター設定がしっかりとしているので、それぞれ見所がたくさんあるのも必見です。

三谷幸喜監督映画『ザ・マジックアワー』の見所②▷新作・旧作映画のオマージュも必見

出典:trendy.nikkeibp.co.jp

三谷幸喜監督は小学生の時から無類の映画マニアで、今回は映画の中で劇中劇として、数々の映画のオマージュが登場します。

少しご紹介すると、映画「カサブランカ」をオマージュした「暗黒街の用心棒」や、『黒い十人の女』から『黒い101人の女』。
愛人役の深津絵里さんが三日月に乗って歌うのは、ウッディ・アレン監督の「ギター弾きの恋」のオマージュ。

ここであげただけでもいくつもあります!
また、三谷監督の作品である「THE 有頂天ホテル」で出演していた香取慎吾さんが、同じ役でカメオ出演しているのも必見ですよ。

『マジック・アワー』は、三谷監督が細部までこだわりぬいて作られた映画となっています。

三谷幸喜監督の映画はどれも笑える作品ですが、今回紹介した『ザ・マジックアワー』も作り込まれた笑いや、秀逸な伏線で笑って感動すること間違いありません。
まだ観たことが無いという方はぜひ、チェックしてください♪