寝癖なんてモーマンタイ!髪を傷めない様にする寝方4選☆

BEAUTY

「寝方」って大事ですよね。これに関しては興味のある方が多い様です。
「寝方」一つで「髪を傷めない、朝のスタイリングも楽」になりやすいのです。
「寝相」が悪いと摩擦により「傷み」というものが出やすくなります。
しっかり確認して効果的な「寝方」を見つけてみてください。
【最初に】
・夜シャンプーをする。
・必ず乾かす。
・「アウトバストリートメント」を使う。(オイルやミストなど)
このポイントを必ずクリアして寝る様に心がけましょう。

寝癖がつかない寝方☆①【枕の後ろに髪の毛をも全部持っていく】

「寝る」時に意識的に髪の毛を枕後ろに持っていっておきましょう☆
左右に寝返りしたとしても長い毛を上に持っていく事で「摩擦」を避け、ダメージ予防にもなります。
「普段、髪の毛を下ろしていることが多い」方に特にオススメです。

朝は起きたら軽く濡らし、サイドブローすると簡単にお直しできるでしょう☆
これを心がけるだけで、寝癖がつかない綺麗なヘアに!

寝癖がつかない寝方☆②【サイドに髪の毛を全部集めゆるく縛っておく】

恐らく皆さん「洗いざらし、乾かし放し」が基本だと思います。
そして普段通りに寝る。大体、後頭部とかで髪の毛を絡めてしまい摩擦ダメージが起こります。(特に毛先)
なので、「片方に髪の毛を全部寄せて」おき、ゆるくゴムで縛っておくととても快適な眠り、痕もつきにくく翌朝のスタイリングは楽になります。

とにかくゆるく縛る。
そうしないと「頭が痛く」なったり、快適な睡眠を邪魔したり…色んなデメリットが出てきます。
十分気をつけながらサイドにまとめていこう☆

寝癖がつかない寝方☆③【ゆるい「お団子」にして寝る】

これは「スタイリングで巻き髪を多用する方」には特にオススメ。そして「トップのボリュームが出ない方」も。

「お団子」状態で、朝起きて外すと「お団子の痕」が付いてナチュラルなウェーブとなります。
お団子なので必然的に「トップ」の方からクセが付き、ボリュームも出やすくなります。

朝起きたらお団子を外してそのクセを活かしながらアイロンでランダムに巻こう☆
前髪はブローしなおせばよし!

寝癖がつかない寝方☆④【両サイドに髪を集め「三つ編み」にして寝る】

左右に髪の毛をわけ「三つ編み」にして寝る事で、後頭部のクセや摩擦は気にしなくてOK。
おまけに「三つ編み」の痕がつき、「お団子」と同様にカールを補助してくれます。

「三つ編みとお団子の違いとは」お団子は「トップからうねる様なウェーブ」。
「三つ編み」は中間から毛先にかけてのお団子よりも細かいウェーブ。

朝のスタイリングは変わらず、三つ編みをほどき、そこからそのままアイロンでランダムに巻いていこう。
ま、正直言って「楽」でしかないですよねぇ?♡

この様に「4パターン」の寝癖がつかない寝方を解説してみました。
「ショート&ボブ」に関してはまたトライしてみたいと思いますが、基本的に毛先が気になる「ロングヘア」。
こういった事を活用し、「クセを活かし」たり、「傷めるのを予防」したり…ちょっとプラスしてあげるだけで劇的に、傷みも予防できたり、スタイリングも楽になったりします。
是非普段のお供として活かしてみてください。アディオス。