性格が悪く見られちゃう?偏食に悩む女性の解決法とは

LIFESTYLE

「偏食な大人は性格が悪い」といわれる世の中。たとえ性格が良くても、偏食なだけで軽蔑されてしまうもの…。
そんな女性の悩みを解決するために、今回は4つの方法をご紹介していきますね!

性格が悪く見られちゃう?偏食に悩む女性の解決法①こだわりがある事を先に伝えておく

引用:www.dumblittleman.com

”性格が悪く見られちゃう?偏食に悩む女性の解決法”1つめはこちらです。
「私、これ苦手なの、子供っぽいでしょ〜」と相手に気づかれる前に、冗談っぽく伝えることです。

先に言っておけば、相手もレストラン選びの時に聞いてくれるはずです。
伝え方も重要で、決して「食べられない」「食べない」などの言葉を使わず、あくまでも「食べれるけれど、あまり好きではなく苦手なんです」という事を強調しましょう。
そうすれば性格が悪くなんて、見られませんよ!

相手も嫌な気分にならず、苦手なものが多いんだな〜ぐらいの気持ちでいれます。

性格が悪く見られちゃう?偏食に悩む女性の解決法②社会の場では我慢して食べる

引用:www.huffingtonpost.com

偏食で、あまりにこだわりが強すぎると「何この子…、性格悪いのかな」と思われてしまうもの。
会社で一生懸命働いてよく評価されていても、外食で偏食がバレ、一気にイメージダウンされてしまう事もあるかもしれません。

これは、仕事の一部だと考え、いくらこだわりがあっても、周りに合わせてその場だけでもなんでも食べてみるのも、一つの解決方法です。

飲み会や、会社外の外食でも仕事中だと割り切り、我慢しましょう!
辛いかもしれませんが、相手に性格が悪いと見られませんし、あなたの評価を落とさずに済みますよ。

性格が悪く見られちゃう?偏食に悩む女性の解決法③違う食べ方で挑戦してみる

偏食の人に多くみられるのが、嫌いなものの思い込みです。

意外と小さいからのトラウマからなど、食べず嫌いな方も多いのではないでしょうか?
大人になってから食べてみると、「あれ?こんな味だった?」と感じる事も多いですよ。

もしそれでも苦手なら、調理法を変えてみるとまた違ったテイストになるので、偏食せずに意外と食べれることもありますよ。
嫌いだと思っていたものを一度試して、食べてみるのも解決方法です。
性格を疑われないためにも、ぜひ一度トライしてみて!

性格が悪く見られちゃう?偏食に悩む女性の解決法④同じものばかり食べるのをやめる

偏食の人に多いのが、同じ食べ物を毎日同じ時間に同じ量食べるという、こだわりの強さ。
それも「これでなくてはダメ!」と考えこんでしまっている事が多いです。

なので一度外食しに、レストランに出かけてみることや、メニューを変えてみるなど、少しずつでいいので食べ物への執着をなくしていきましょう!
少しずつ、小さなものからでいいのでメニューを変えてみると、気づけば毎日違うメニューで、違うものが食べれるようになりますよ。

無理せず自分のペースで試してみてください。
これでもう、性格が悪くなんて見られないようになります!

今回は、どうしても性格が悪くみられてしまう偏食の悩める女性のために、解決法4つの紹介でしたが、いかがでしたでしょうか?
少しずつでいいので、生活習慣を変えていきましょう!