ミニ講座♪痩せやすいカラダになる!"代謝"を上げる方法

BEAUTY

みなさん、これまでダイエットの知識に触れるたびに「基礎代謝」というワードを見かけたと思います。
実は「基礎代謝」のほかにも「活動代謝」と「食事誘導性熱代謝(DIT)」があるのです!
ライフスタイルに合わせて、太りにくい・痩せやすい身体作りをしましょう♡

"代謝"=エネルギーの消費には種類がある♡

エネルギーの代謝は3つの種類があります。
この数値はもちろん生活の仕方によって変わってきますが、まずはどういったものかを簡単に説明します♡

【基礎代謝】
これは、生命を維持するための最低限のエネルギー消費量のことです。
人間は「生きる」ために、心臓を動かし、頭を使い、筋肉が伸縮し、内臓が働いています。
つまり、何もしないで横たわっているだけでも消費するエネルギー量のことを指します♪

【活動代謝】
日常生活の中の運動により消費されるエネルギー量のことです。
もちろん、動かなければ少なく、動けば大きい数字になります。

【食事誘導性熱代謝(DIT=diet-induced thermogenesis)】
食事をする際、またその消化に使うエネルギーのことで、これにより体が温まったりします。
夜はこの代謝が上がるため、夜の食事は太りやすいのだとか!

【基礎代謝】を上げるメリット♡

一般的に7割が基礎代謝なので、これを上げることにより「エネルギーの消費が高まる→痩せやすい」ということになります。

基礎代謝が上がると、内臓脂肪の燃焼が高まり、普段のエネルギー消費量が上がるため、リバウンドがしにくくなります♡
ほかにも、エネルギーの供給率が上がるので細胞が若返り、肌がキレイになったりしちゃう効果も!利尿作用も高まったり、お通じがよくなるためデトックスもスムーズになります。

"代謝"を上げる方法① 基礎体温を上げる♡

まずは基礎代謝を上げて自然にいっぱいエネルギー消費しましょう♡

デスクワークが多い方は、「活動代謝が減る→全体の基礎代謝の割合が多くなる」ことになります。ときよっては基礎代謝量が8割を占めることも!
そんな方は基礎代謝アップが効果テキメンです。

たとえば、飲み物は暖かいものを選んで体の芯から体温を上げること♡
また、基礎代謝は筋肉の影響が大きいので、筋肉をつけやすくするタンパク質を多くとると代謝が上がりやすくなります◎

"代謝"を上げる方法② ちょっとしたことで活動代謝を上げる♡

「運動」というと、ジョギングとか水泳とか…?と思うかもしれませんが、忙しい現代女子がその時間を捻出し、しかも継続するとなると難しいですよね。

ぽっちゃりさんとほっそりさんの違いは、実は細かいところで動いているかどうかなんです!
大した段数でなければ階段で上ってしまうとか、こまめに掃除するとか、そういった些細なことが身体に反映されます。つまり、よくあるエクササイズが大事!

普段は大股で少し早歩きをしてみたり。
デスクワークしながら両足を床から少し浮かせて腹筋を鍛えたり♪

たくさん食べた日は、一駅歩いてみるなど、いつもより多めに動いてみましょう♡

極端なダイエットや、本格的な運動をしなくても、日常の些細なことがカラダ作りに直結しているのです。
ダイエットをしていてもなかなか痩せられない人は、代謝を上手に上げて効果を底上げしてみましょう♪