眉毛が変われば顔も変わる!絶対可愛い眉毛が作れるコスメ登場♡

BEAUTY

眉毛が違えば、顔が変わる。眉毛を見れば時代がわかる。
それくらいの威力を持つ眉毛。
オシャレな顔に欠かせない眉毛の正しい描き方を知って、可愛くなろう♡

\眉毛ってそんなに大事?/

「眉毛ってそんなに大事?」

大事です!眉毛がメイクの出来の何割を占めているかご存知ですか?その割合、実に8割!

スッピンの時に止むを得ず外出しなくちゃいけなくなった時、たったひとつだけメイクしていくなら“眉毛”という人も多いのではないでしょうか。

そんなあなたの顔の大切な眉毛。
せっかく描くなら今ドキ眉毛に仕上げたいところ。
眉毛を見れば時代がわかるくらいですから、しっかり学習しておきましょう◎

{今ドキ眉の作り方①}しっかり眉さんは付け足し方式で今ドキ眉♡

もともと生えている眉毛の形が綺麗な人っていますよね。
そんな地眉美人さんは、変に整える必要なんて全然ありません!

せっかく骨格に沿った綺麗な眉毛をしているなら、それを活かす方向で考えてみましょう!
コンプレックスに感じている人がいたら、自慢できるような眉毛になるはず♡

しっかり眉さんにオススメなのは、筆タイプのアイブロー。
書き始めは【眉尻】から描きたしてみて。

書き足し方も、がっつり塗るのではなく、毛の間の隙間を埋めるように、一本一本生やすイメージで描いてみましょう。眉毛の中央部分も、隙間が目立つと残念眉になってしまうので、一本生やすように描きたして◎

筆タイプをベタッとさせないようにするには、筆と肌を直角にさせて、極細ラインを引く感覚でやると成功しますよ。

{今ドキ眉の作り方②}流行りの太眉で目指せ垢抜け眉♡

なんてったって時代は“太眉”
毎日いいカンジの太眉を描くことに力を注いでいる人もいるのでは?
でも、太眉描くぞと意気込んでいたら、自分の骨格とは全然違うところに描いてたりして、おかしな顔になってしまいます。そうならないための太眉プロセスをご紹介します。

太眉で使ってもらいたいのは、リキッドとパウダーが一緒になったタイプのアイブロー。
一本で両方使えちゃうお得なアイテムなので持ってて損はない◎

描き方は…
①眉毛の中央部分(眉山)から眉尻にかけて、リキッドの方を使って一本一本生やすように、描き足していきます。
(この時、眉尻を細くしすぎないことがポイント。細く長くすると老けて見えてしまいます。)
②次に、眉頭から眉山にかけて、パウダーの方を使ってなじませていきます。
(この時、地眉の縦幅を大幅に越えてしまうのは危険!あくまで地眉をベースにしましょう。)

今ドキ眉を叶えてくれる魔法のアイテムが発売♡

引用:www.amazon.co.jp

しっかり眉さんにも太眉やりたい人にも、持っていてほしい魔法のアイブローアイテムがもうすぐ発売!

インテグレートから6月21日に発売される『ビューティーガイドアイブロー』。

商品名からしていかにも美眉になれちゃいそうなアイテムです♡
極細筆を使用したリキッドとふんわり眉毛を叶えてくれるパウダーが両方ついているアイブロー。
リキッドとパウダーが一緒になっていれば、どんな眉も向かうとこ敵なし!な予感です。

これからレジャーが多くなる季節。水や汗に強いウォータープルーフなのも女子の心強い味方になってくれます!使いやすい色みなので、是非ともゲットして今ドキ眉になろう!

やっぱり眉毛あってのメイク。眉毛を描くときはものにもこだわりたいところ。
インテグレートのビューティーガイドアイブローを使えば、間違いなし!
2in1で持ち運びやすいのも嬉しいですよね♡