ただ飲むだけでは勿体無い!豆乳は時間によって効果が変わるんです♡

LIFESTYLE

女性ホルモンのバランスを整えてくれたり、美肌や美乳になれたりと女子力を上げてくれる豆乳。
飲む時間帯によって効果が変わるので、悩みによって飲み方を変えてみましょう♡

時間別♪豆乳の効果:朝一に豆乳を飲むことで便秘解消♪

便秘でお悩みの方が豆乳を飲む場合は、朝に飲むのがオススメです。

起床時にコップ1杯のお水や白湯を飲む方は多いと思いますが、加えて豆乳も飲むようにしてみましょう♪
朝必要な栄養素やエネルギーが補給され、お通じが良くなるはずですよ!

豆乳には便秘解消に効果的な水溶性食物繊維が含まれています。
マグネシウムも含まれており便を柔らかくして出やすくしてくれます♪

時間別♪豆乳の効果:就寝前で女子力底上げ♡

睡眠時は成長ホルモンが活発になっているので、就寝前に豆乳を飲むと、豆乳の栄養素がお肌や髪をより綺麗にしてくれますよ。

肌荒れを改善したかったり、髪がパサついていたり、バストアップを狙っている人は就寝前に1杯飲みましょう♪

ただし豆乳は100gあたり46kcal、調製豆乳は100gあたり64kcalほどで、決して低カロリーな飲み物ではありません。
寝ている間は脂肪を蓄積するので、飲み過ぎには注意しましょう!

時間別♪豆乳の効果:ダイエット中は食前に豆乳を飲もう

ダイエット中に豆乳を取り入れようと考えているのなら、食前に飲むことをオススメします。

豆乳に含まれている大豆サポニンは、脂肪とコレステロールの吸収を抑える働きがあるといわれているんです♪

また豆乳は、最近の健康志向で話題となったGI値(体内に取り入れた食材が糖に変わり、血糖値が上昇する速さの値)も低いので、太りにくい食材なんです♡

時間別♪豆乳の効果:小腹が空いたら間食として豆乳を!

小腹が空いた時、おにぎりやサンドイッチ、小袋のお菓子などに手を伸ばしてしまう人多いですよね。
他にもダイエット中の空腹に悩んでいる人も少なくありません。

そんな時にオススメの間食が豆乳。
間食としてはカロリーが低く、栄養価が高いんです。
コンビニですぐに購入できるのも嬉しいですよね♡

味や種類も豊富な豆乳をダイエットに取り入れて、美ボディを手に入れてください!

時間別♪豆乳の効果:生理中はどうする?

豆乳に含まれる大豆イソフラボンは、飲みすぎると副作用が起きることも!
女性ホルモンが乱れて生理不順になったり、子宮内膜に異常が起きたりすることもあります。

生理前に豆乳を飲むことで痩せやすくなるというダイエット方法もありますが、飲みすぎると生理が遅れたり、逆に早く終わってしまったりなど、普段の生理とは様子が違うこともあるようです。

副作用が起こらない適量としては、豆乳を飲むのは1日300ml未満が目安。
しかし体質や体調によって適正量は違うので、自分の体と相談しながら飲んでください♪

せっかく飲むなら豆乳の効果を最大限に発揮させたいもの。
お悩みに応じて時間帯に気をつけてみてください♡