【現代女子ファイルvol.4】モテ男も黙る塩対応!タカネノハナ子<前編>

LOVE

4meee! × 旅色プラスのコラボ連載企画!
木曜連載は【現代女子ファイル】。現代に生息する女子を徹底解剖していきます♪

第4回目の女子は「タカネノハナ子」。
きっとあなたの周りにもいるはず……?

\これがタカネノハナ子だ/

名前:タカネノハナ子(読み:タカネノハナコ)
由来:近寄り難い雰囲気を持ち、男性に「到底自分のものにはできない」と思わせることから
職業:大手化粧品メーカー勤務
年収:550万円
住まい:武蔵野市(実家)
趣味:キックボクシング、競馬
好きな芸能人:西島秀俊
備考:20代後半独身

朝の目覚めは良好、優雅に朝ごはん

タカネノハナ子はお嬢様育ち。何をやっても家族に「かわいい」と称えられ育てられてきました。
アラサーになっても一人暮らしをすることはなく、炊事や洗濯をする必要がない実家で暮らしています。

一人暮らしのアラサーよりも家事時間が浮くタカネノハナ子の朝は優雅。お母さんが作ってくれた朝ごはんを食べ、髪のセットやメイクもバッチリ。

週3回は、体重管理のために、お母さんにレシピを仕込んだ「ヘルシーお弁当」を持って通勤します。

崇拝する芸能人は「中村アン」

タカネノハナ子が憧れ、尊敬する芸能人は「中村アン」。

着飾っていないのに気品が溢れるヘルシー美女・中村アンは、タカネノハナ子の理想そのもの。

Instagramや雑誌で、中村アンのかきあげヘアや、ヘルシーメイク、こなれ感あふれるコーディネートをとことん研究し真似します。

程よく筋肉のついた美BODYになるべく、キックボクシングやクロスフィットなどの話題のエクササイズにもチャレンジ!

口癖は「うふふ。どう思う?」

タカネノハナ子は、空気を読みません。

会社の飲み会や合コンなどの愉快な会合でも、自分のことを話したがりません。

「いま彼氏いるんですか?」
「普段どんなところでごはん食べてるの?」


こんなごく普通の質問にさえも

「うふふ。どう思う?」

と、まともに答えず相手に答えを考えさせるのです。

最初は小悪魔ちっくな回答にその場が盛り上がりますが、このプレーが何度も続くと“さすがにめんどくさい”という男性が多いようです。

メリットがない合コンは、23時に去る

タカネノハナ子は、プライドが高くお嬢様気質ですから、男性にも幹事の女の子にも媚びません。

合コンには「こんな私が参加してさしあげた」スタンス。

美容のためにも早く寝て明日に備えたいタカネノハナ子は、「タクシー代が出る」「遅れていい男がやってくる」などのメリットがない限り、参加して1時間半、いくら遅くても23時には去ります。

「ごめーん。先輩から仕事の電話がかかってきちゃった。」
「私、お家が遠くて……。」
「明日の早朝会議の資料作らなきゃ。」

23時に帰る言い訳のレパートリーは圧巻です。

人を近づけないオーラ漂うタカネノハナ子、あなたの周りにもいるのでは?
そんなタカネノハナ子とはデートするのも大変……!?

気になる後編は旅色プラスで♡

モテ男も黙る塩対応!タカネノハナ子<後編>