ダイエット中でも!太りにくいパンの選び方

BEAUTY

食事で美味しそうなパンが出てきても、「ダイエット中にパンって食べていいのかな……」と不安に思う方も中にはいらっしゃるのでは?
ですが、パンを食べたからといって太るとは限りません!太りにくいパンを選んで、上手にダイエットしましょう♪

ダイエット中でも!太りにくいパンの選び方① ダイエットにパンがNGだと思われがちな理由

パンには、グルテンという成分が、豊富に含まれています。
このグルテンは、たんぱく質が体に残るために、血糖値を上げてしまうことで、腸環境を乱してしまい、太りやすい体にしてしまう可能性もあります。

ダイエット中にパンはNGなのでは?と思っている方も多いと思うのですが、実はグルテンと上手に付き合うことで、楽しく美味しい食事をしながら、ダイエットすることができるんです♡

ダイエット中でも!太りにくいパンの選び方② サンドイッチはサイズで賢く選ぶ♡

パンの中でも野菜たっぷりのサンドイッチなら、満腹感にも繋がり、ダイエットにももってこい♪

賢いパン選び方のポイントは、なるべくブラウンパンにすること。
それから、野菜とたんぱく質を両方含むサンドイッチにすることです。
例えば、野菜+卵サンドイッチや、野菜+チキンサンドイッチなどがベスト◎

たくさんのサンドイッチがありますが、なるべくボリューミーなものよりも、一口サイズのサンドイッチを選びましょう!

ダイエット中でも!太りにくいパンの選び方③ パン選びは白じゃなくて黒◎

オーソドックスなパンとしては、白いパンが主流ですよね。全てはそうとは言い切れませんが、白いパンは血糖値を上げるGI値が高いものが多いのが難点。

精製される前の全粒粉パンや、ふすまやごまなどの入った雑穀パン、ライ麦パン等、色の黒いパンを選ぶようにしましょう!
GI値を下げて、噛みごたえも増すので満腹感にも繋がります♪

全粒粉のパンで、好きなサラダを挟んで、小さなサンドイッチなど作ると、ダイエットに最適な低カロリーパンができます。
もしサンドイッチを作る場合は、バターじゃなくて、オリーブオイルで更に低カロリーにしてみてください!

ダイエット中でも!太りにくいパンの選び方④ 甘い気分なら和菓子パンを少量で満足

ダイエット中でも、どうしても甘い菓子パンを食べたい気分の時だってありますよね!
そんなときに罪悪感なしに選ぶなら、あんぱんなど、小豆入りのパンにしましょう。

小豆には“サポニン”と言う栄養素が含まれていて、むくみ改善へ繋がるので、罪悪感も減少できちゃいます。

でも、ここで注意点。あんこ&バターのような、バターをたっぷり使っているパンは、カロリーが高まる可能性があるので、気をつけてください!

最近は、コンビニエンスストアなどでも、ふすまパンが売っていたり、低カロリーパンも注目されています!
賢く太りにくいパンを選んで、ストレスフリーに、美味しくダイエットしてみてくださいね♪