大人の恋愛はときに嘘が必要。上手に使いこなせる女性になって

LOVE

子供のころから、「嘘はついてはいけない」と教えられてきました。
もちろん、仕事でもプライベートでも嘘をついて人をだますようなことはしてはいけないですよね。
ですが、大人の恋愛ではときに嘘が必要になることがあるのです。

大人の恋愛はときに嘘が必要①気持ちにふたをする嘘はあり?

若い頃の恋愛というのは、自分の気持ちをストレートに相手にぶつけていけばいいものでした。
ですが、アラサー女子の恋愛では自分の気持ちだけでなく、恋愛に対して多少打算的になってもいいのではないでしょうか。

本当の気持ちにふたをして恋愛を進めていくというのも、ときとして大人の恋愛では必要なのです。

もちろん、自分の気持ちにいつでも正直なのは素晴らしいこと。
気持ちにふたをしていくことと、正直になりたいところ、上手に使い分けることが、大人の嘘の見極めどころではないでしょうか?

大人の恋愛はときに嘘が必要②相手を想っての嘘はあり?

相手のことを考えると、わざわざ本当のことを言わなくてもいいときはあります。

若いころなら、思ったことを何でもそのまま相手に伝えていたかもしれませんが、大人になったら、オブラートに包むことが必要になりますよね。

嘘というと大げさなのかもしれませんが、思った通りの発言をしてしまって恋愛に失敗するくらいなら、ちょっと大人の嘘をついてみましょう。

相手のことを思いやるからこそ、伝え方を変えることは、嘘とは言わなくてもいいかもしれません。

大人の恋愛はときに嘘が必要③大人こそ、大切にしたいことのために嘘をつく

大人になると、守りたいもの、大切なものにほど嘘をつきます。

自分が失いたくないものだったり、自分自身にだったり……。
そんな嘘は大人の恋愛をするうえでときに必要なのかもしれません。

逆に、嘘をついてでも守ろうという気のないものは、実は自分ではそれほど重要だと思っていないこともあります。

嘘をついてしまったときには、この法則を思い出してみてください。
本当に、自分が大切に思っているものを再確認できるはずですよ。

大人の恋愛はときに嘘が必要④フリをすることは嘘から本当になることも

大人の恋愛において、相手に合わせすぎるのは疲れるものですが、それでもフリをすることはありますよね。

例えば彼氏に優しいフリをする。
彼氏の前で素直でポジティブなフリをする。

大人ならあり得る嘘です。
ですが、フリも繰り返していると、だんだんと本当になっていくことがあります。
自分らしさも大切ですが、フリをすることで円満になることもある、ということを大人なら心得たいもの。
本音ばかりがいいこととは限りません。

大人の恋愛では譲り合いや、お互いのバランス感覚が重要です。
ときには本来の自分に嘘をついてみて。
思ったよりもしっくりくることがあるかもしれません。

大人になった今は、上手に嘘を使いこなせるほうがなにかと世の中をうまく泳げるような気がします。
信頼を損なうような嘘ではなく、相手を想う、自分を大切にするための小さな嘘ならよく見極めて使ってみるのもいいかもしれません。
嘘はときには必要なもの。
大人の恋愛でこそ、上手に使ってみてはいかがでしょうか?