「社会人1年目に別れる法則」はGW後がピーク?破局を防ぐポイント♪

LOVE

「社会人1年目に別れる法則」って聞いたことはありますか?
社会人1年目の方はそろそろ新しい環境にも慣れ始めた頃ですよね。
そんなこの時期、学生時代の恋人と別れるカップルが多いんだとか。
その理由を探ってみましょう。

配属先が決まる6~7月に別れやすい

GW明けに配属先が決まる企業が多いため、6~7月あたりが別れのピーク。

配属によって勤務地も異なるので、場合によっては遠距離になってしまうことも考えられます。

それまでの研修期間よりも格段に仕事量が増え、なかなか会う時間もとれなくなってしまいますよね。

1年目の中でも、この時期は一番気持ちが離れやすいので、彼に対して優しく思いやってあげたり、頻繁に連絡を取り合うことが大切です。

理由①環境の変化

気持ちが離れやすい一番の要因は、環境の変化です。

社会人1年目となると、とにかく目の前のことにいっぱいいっぱいで、気持ちに余裕がありませんよね。

連絡の頻度も減り、恋人との時間もないがしろになってしまうでしょう。

学生時代の感覚とは全く異なる社会人の環境で、余裕がなくなると、相手とのすれ違いや喧嘩も増えてしまうかもしれません。

理由②価値観、時間のズレ

社会人になると、常に周りに刺激されて成長していくので、たった1年でも価値観はかなり変わっていきます。

金銭感覚や対人関係、恋人に対するスタンスも変わっていくでしょう。

学生時代の価値観になかなか差はありませんが、社会人ともなると周囲の人はもちろん、業界や会社によって生じる差は大きいですよね。

また、学生時代は時間が自由に使えていましたが、社会人の自由な時間は休日程度。配属先によっては、休日が合わなくなってしまうことも考えられます。

会う時間や連絡の頻度が少なくなることで、すれ違いや喧嘩が増えてしまうかもしれませんね。こうした価値観や時間のズレには、お互いが歩み寄ることが大切なのです♡

社会人になっても長続きさせるためには?

忙しい社会人になっても、学生時代の彼と長続きさせるためには、とにかく「遠慮せず言いたいことを言う」ことが一番大切です♡

ストレスをぶつけるのはダメですが、変に気を使ったり、思っていることを溜め込んでしまうのもNG。

お互いを思いやってお互いの状況を理解し合うことが、長続きさせる秘訣なのです。

“社会人1年目の壁”を乗り越えたカップルは、そのままゴールインする、というケースも多いのだそう♪

社会人1年目のカップルには何かと障害が多いですが、まずはお互いへの気持ちを大切にしたいものです♡
ぜひ、この時期を乗り越えて仕事も恋愛も両立させてくださいね♪