色白女子になりたいなら作っちゃえ!《色白透明肌》メイク方法

BEAUTY

色白女子になりたいとスキンケアを頑張ってみても、効果を感じるのに時間が掛かります。
ここでは色白女子を作っちゃう!色白透明肌を、メイクで作る方法を書いていきます。

<色白透明肌メイク①> 下地は"ブルー系"

まずは、メイクのベース下地。
日本人の肌色、黄みを消して透明感を演出!
下地は"ブルー系"がおすすめです。

カラー下地って、少し抵抗がありますよね。
私もそうだったのですが、店員さんに説明を聞きながらテスターを試したところ、カラー下地の効果に驚きました。
見た目の色よりも薄付きで、取り入れやすいです。ブルーの下地は、色白肌特有の透明度がアップします☆

<色白透明肌メイク②> クマ・シミはコンシーラーできちんと隠す

色白肌に憧れますが、色白の人からよく聞くのが目の下のクマ、シミが目立つ。
美白メイクに挑戦するなら、シミもきちんと隠しましょう。
目の下のクマ、シミ、ニキビ跡…肌って気になるところがたくさんありますよね。
それぞれに、あった隠し方をするのがおすすめです。

私の場合目の下のクマには黄色いコンシーラーと、潤いのあるコンシーラーをW使い。
青クマ→ピンク、オレンジ
茶クマ→黄色、オレンジが良いと思います。自分のクマに合った色を探してみて下さい。

シミやニキビ跡には、ベースメイクに使うには濃すぎるリキッドファンデで隠しています。嫌な所は、上手に隠して!

<色白透明肌メイク③> パールで明るさをプラス

ベースメイクは薄付きが鉄則!
厚化粧の色白は、お化けメイクになっちゃいます。

ベースメイクの仕上げはラメ入りフェイスパウダーやハイライトで、パールを足して明るさをプラスしましょう!
くすみを飛ばし顔色を明るく見せてくれますし、透明感を出せます。

ハイライトは鼻筋だけで無く、目の下は結構くすみがちなのでフワッと入れて下さい。

<色白透明肌メイク④> 潤い目元でウルウルeye!

色白女子は、目元がウルウルしている印象もあります。
目元の潤いはわざとらし無く、主張が強くなり過ぎないように作りましょう。

おすすめは、下まぶたに繊細なラメタイプの薄ピンクシャドウを全体に細くのせる。
パールベージュだと、さらに自然な印象になると思います。

私は涙袋用のものでやっていますが、アイシャドウで作っている人も多いですし、自然な仕上がり。涙袋の印象も出来るのでおすすめです☆

色白透明肌メイクのやり方でした。
自分の肌色を知って引いて足して…バランスを見ながらやっていくと、理想の色白女子になれるはずです☆