みんなはどうしてる?イマドキの彼への結納返し事情とは

はれて婚約をしたカップルは、結納や顔わせ食事会など、慌ただしく儀式が執り行われているのではないでしょうか。

結婚という憧れのゴールに向かっていく中で、さまざまな儀式やマナーなど、これまで知らなかった壁にぶち当たっているという人も少なくありません。

そんな中で、あまり知られていないのが「結納返し」です。結納を取り交わした場合、どんな品を結納返しとして送るのが良いのでしょうか。

もちろん、古来から伝わる伝統の儀式としてだけでなく、時代とともにその形も変化してきています。

「結納返しって何?」という疑問から、金額やふさわしい品など、その詳細をご紹介していきます。

いまさら聞けないけど……「結納返し」って?

婚約する段階で、結納を交わすという儀式が待ち受けているということはどこかでわかっていても、そこに「結納返し」が存在しているということを知らない、というアラサー女子は意外と多いもの。

いざ彼の家族と今後末永いお付き合いが待っているとなると、すべての行事やマナーを網羅しておきたいと思うものですが、現実は難しいですよね。

そんな中で、まず覚えておいてほしいのが、結納返しです。
結納を交わす儀式を行うということは、そこに必然的に結納返しが発生すると考えておきましょう。

結納返しとは、読んで字のごとく、いただいた結納に対してお返しをする金品のことを指しています。

「結納返しはどんなタイミングでするの?」
「結納をせず、顔合わせ食事会のみであれば必要ない?」
など、様々な疑問に答えていきます!

食事会のみの場合は結納返しはいらない?

近年増加しているのが、結納という儀式を省略し、両家や親せきが集まり、顔合わせ食事会という形式で親交を深め、そのまま結婚をするというパターン。

結納を交わしていない場合でも、女性側から男性側に、結納返しをする必要はあるのでしょうか。

その答えは、NO。
お互いに折半をするケースが多い顔合わせ食事会では、結納返しは発生しないと考えてよいでしょう。

ただしこの顔合わせ食事会にもいくつか形式があり、略式結納よりもさらにフランクな席を設けるつもりで、結納を兼ねた顔合わせ食事会を行う際には、結納返しをすることも考えられます。

これに関しては、両家で認識の差が生まれないよう、まずはあなたと彼で意見をすり合わせておく必要があるといえるでしょう。

結納金をもらったらどのタイミングで結納返しをするの?

結納返しをするにあたって、もう一つ疑問として湧き上がってくるのが、タイミングです。
結納のタイミングで同時に結納返しをするのか、それとも後日なのか。このタイミングを知っているかいないかで、親せきへの評判も変わってきます。

結納返しのタイミングにはいくつか種類が存在していますが、ここ数年でメジャーだと考えられているのが、結納時の同時交換です。
結納金や結納の品を頂戴するタイミングで、女性側からも結納返しをする。

この方法で行えば、さまざまなスケジュールが立て込む中でも、両家ともに何度も集まる必要がなく、一度で完結させることができるというメリットがあります。

他には、最も正式なものとして知られているのが、後日行う結納返しです。
結納の儀式の際に頂いた結納金や結納の品同等、もしくは控えめなものを持ち、家族そろって彼の家に結納返しを持って伺います。

お互いに遠方であったり、スケジュールを合わせることが難しいご家族であれば、同時交換の形式が良いでしょう。

しかし両家の顔を立てるのであれば、やはり後日結納返しを行う方法をおすすめします。

イマドキの結納返し事情

では、結納返しをする際には、どんなアイテムを贈ると良いのでしょうか。
最近では、結納の形式だけでなく、贈るアイテムに関しても時代とともに変化してきています。

歴史のある結納の儀式をそのまま行う場合は別ですが、略式で、“彼女への”結納金や結納の品をプレゼントされた場合には、彼に対して結納返しをするのが良いでしょう。

結納返しとして彼に贈るのであれば、これから結婚生活を共に送るにあたって、記念となる品を選びたいですよね。
その際におすすめしたいアイテムをご紹介します。

www.buyma.com

結納返しの中で、メジャーとされているのが「袴料(はかまりょう)」としてのお返しです。
袴料に関しては、お金でも品物でもどちらでも良いのですが、基本的に結婚後の彼の生活の中で役立つものや、結婚の記念になるものを用意するのが良いとされています。

中でも最も多く声が上がるのが、腕時計です。

結婚して一家の大黒柱となるわけですから、結納返しの品として、腕時計を選ぶのはとても良い選択ですよね。

これまで腕時計にはあまりこだわりがなかったという男性の場合でも、これがきっかけで気合が入るということもあります♡

VIPセール!ヴェルサーチ[V-Extreme Pro/ブラックxゴールド]

¥190,000

販売サイトをチェック

男性の結婚後の新生活を考えた内容の結納返しというところで、ほかにもお勧めしたいのがスーツ一式です。

結婚後、男性にとって仕事はますます重要なものになっていきます。

そうした節目を祝うという意味も込めて、スーツ一式を贈るのも良いのではないでしょうか。

結納返しを金額で返す場合のマナー

結納返しを品物で行う際には、彼の結婚後の新生活で活躍してくれるアイテムという点を念頭に置いて選ぶ、というマナーをご紹介しましたが、金額でお返しすると決めたときには、どんなマナーが存在しているのでしょうか。

結納返しは、地域によってさまざまないわれがありますが、関東であれば結納の儀式の際に頂いた金額の「半返し」が一般的といわれています。
これは、関東ではお嫁に行く法と迎える法の両家が、同等の立場であるということを意味しています。

そして関西などでは、結納返しは「1割」とも言われており、これは一見女性側の負担が少ないように思えますが、お嫁として迎え入れるほうが立場が上であるゆえ、金銭面で負担をするという考えを意味しています。

金額で結納返しをする際には、このように地域の風習によってマナーが異なってきます。

どんな形式で結納返しをするのかを決めた段階で、専門情報が記載されている本を読んだり、専門家に相談をすると良いでしょう。

結納返しの値段の相場はどれくらい?

品物や金額など、結納返しをするにあたってどんな形式を選ぶかは、カップル同士やその両家の考え方次第。
カップル二人たっての希望で、結納も結納返しも交わさないというケースも多く存在しています。

では、結納返しを行うと決めた際、値段はどのくらいが相場になってくるのでしょうか。

先ほどもご紹介したように、地域によって異なりますが、関東の場合は多くが半分の金額を返す「半返し」を行っています。

ですので、例えば100万円の結納金をいただいたのであれば、金額で50万円を包んでお返しするか、もしくはその金額同等の品物を購入して送るというのが相場です。

しかし、あらかじめ彼の両親のほうで「結納返しなし」という条件を付けてくる場合があります。この際の多くは、結納返しの金額を見込んで、結納金100万円のところを、結納返しなしの50万として、やり取りの手間を省くという形式をとります。
ただ結婚をして二人の家庭を築いていくのではなく、これまで別の環境で過ごしてきた両家が、家族になる大切な儀式であることを全員で認識すべく、取り交わされるのが結納、並びに結納返しです。

「もう大人だし……。」と思うと、なかなか人に聞けない結納返しに関してですが、これを機にぜひ結納返しについてもじっくりと考えてみてくださいね。

【関連記事】イマドキの指輪事情をリサーチ!婚約・結婚指輪は誰が買う?

結婚にあこがれている女子の中でも、一番夢見ているのが「結婚指輪」であるという人も少なく...

結婚 結納返し 事情 入籍

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

秋間 恵璃

フリーデザイナー・アパレルマーケティングのお仕事をしています*

アパレルデザイナー・プ…

>もっとみる