花粉症の予防&対策が期待できる方法とは?苦しんでいるならトライして

花粉が飛散し始める時期になると、目は痒いし鼻水は止まらないし、気分は最悪ですよね
実は、花粉症には予防効果が期待できる方法がいくつかあります。
効き目には個人差がありますが、花粉症に苦しんでいるならぜひ試してみてはいかがでしょうか。
花粉症の症状を和らげる効果が期待できる、おすすめの対策方法をいくつかご紹介します。

花粉症予防&対策方法①花粉用マスク

花粉用マスク

マスクは花粉に苦しむ人の必需品とはいえ、どんなマスクでも花粉症を予防する大きな効果が期待できるわけではありません。

花粉は目に見えないくらい小さいので、マスクの隙間から入り込みます。
どんなに花粉をシャットアウトする効果的な機能が備わっていても、物理的に花粉を吸いこんでしまっては台無しですよね。

花粉を吸いこまないように、できるだけ顔にフィットするサイズ感のものを選ぶことが重要!

そして、普通のマスクではなく花粉対策用に作られたマスクを選ぶようにしましょう。
普通のマスクでも何もしないよりはマシですが、花粉対策用を選ぶとより効果的に予防することができますよ。
花粉用マスク

花粉対策用の使い捨てマスクは、様々なタイプがあることが特徴!
装着すると加湿効果で喉への刺激を和らげるタイプもあれば、高機能なフィルターを内蔵しているものもあります。

また、素材にも様々なものがありますよ。
例えば、伸縮性が高く顔の凹凸にフィットしやすいポリウレタン製のものや、肌触りが柔らかいコットン素材のものなど!

マスクをすると肌荒れが起きやすい人は、装着した時に肌当たりが柔らかいものを選ぶと◎
立体的な構造になっているタイプを選べば、鼻や口元を効果的に覆いつくすことができますよ。

鼻のラインに沿うように付けられるタイプを選ぶと、息苦しくなりにくいのでおすすめです。

花粉症予防&対策方法②花粉用メガネ

花粉用メガネ

花粉の時期が近づくと、目がむず痒くなって涙が出てくる人は多いのではないでしょうか。
目が痒いと、何をやっていても集中できなくなって辛いですよね。

早めに花粉用のメガネを用意しておくと、目の痒みを予防することができるでしょう。
花粉用のメガネは、普通のメガネとは違って花粉が入り込みにくい構造になっているのが特徴!

普通のメガネはレンズと皮膚の周囲に隙間ができますが、花粉用は皮膚とメガネの隙間を減らし、フィット感がある作りになっています。
花粉用メガネ

とはいっても、花粉用のメガネで顔の雰囲気が大きく変わってしまうことを避けたい、という人も多いのではないでしょうか。

JINS(ジンズ)やZoff(ゾフ)といったアイウェア専門店からは、普段使い用のメガネとほとんど外見が変わらないタイプの花粉対策メガネが登場していますよ。

また最近では、様々なメガネ専門店で高性能な花粉対策メガネを取り揃えています。
ぜひ、近くのショップを覗いてみてはいかがでしょうか。

マスクと同様にフィット感が重要なので、できれば店頭で試着して購入するのがおすすめです。

花粉症予防&対策方法③静電気抑制スプレー

静電気

静電気が花粉を引き寄せる性質があることをご存知ですか。
実は室内にある家電の周辺から、花粉が多く見つかることがわかっているそうです。

パチッとした静電気の刺激を感じやすい人は、要注意!

衣類を着て歩くと、繊維と繊維がこすれって静電気が発生します。
この静電気に引き寄せられた花粉を身につけたまま帰宅すると、花粉を部屋の中に持ち運んでしまうことに……。

繊維には帯電しやすいものとそうでないものがあり、プラスに帯電しやすいものと、マイナスに帯電しやすいものに分けられるそうです。
セーター

プラスに帯電しやすいものは、ナイロンやウール!
マイナスに帯電しやすいものやポリエステルやアクリルなどです。

このプラスとマイナスの落差が大きい組み合わせほど、静電気が発生しやすくなるという特徴があるんだとか!
例えば、ウールのセーターの上からポリエステルの衣類を羽織ると静電気が発生しやすくなるそうです。

衣類に付着する花粉を完全に除去することは難しいですが、できるだけ持ち運ばない対策をするにこしたことはないですよね。

静電気抑制スプレーを使うと、効果的に花粉の付着を予防することができるそうですよ。
衣類用や髪用など、様々なタイプの静電気抑制スプレーを使い分けるのが◎

花粉症予防&対策方法④洋服ブラシ

洋服ブラシ

外に出ると花粉症の症状が出ても、家に帰ってくるとやや収まるという人は多いのではないでしょうか。
室内で花粉症が出にくい理由は、花粉の量が関係しているといわれています。

外出先から戻った時、ジャケットやコートには信じられないほどのホコリや花粉ついていることが多いです。

目に見えないため気づきにくいですが、この花粉のせいで部屋中に花粉が充満し、花粉症の症状が悪化することが多いそう!

なので、花粉症の症状を予防するには、できるだけ花粉を持ち込まないようにしましょう。

具体的な方法としては、玄関にブラシを置いておき、部屋に入る前に洋服ブラシを使用して衣類に着いた花粉を払い落します。
一般的な洋服ブラシでも花粉を落すことはできますが、できれば花粉対策用に作られたブラシを使うのがおすすめ!

花粉対策用ブラシは、繊維に付着した花粉をかき出しやすい構造になっていますよ。

また、洗濯ものにも花粉が付着するため、外で干す場合は取り込む前にブラシで払い落しましょう。

早めに準備したい花粉症予防対策⑤まとめ髪

まとめ髪

気分やファッションによって、色々なヘアスタイルを楽しんでいる人は多いですよね。
そんなヘアスタイルにも花粉症になりやすい髪型と、そうでない髪型があることがわかっています。

ミディアムヘアやロングヘアの人で、普段ダウンスタイルが多い人は花粉が付着しやすいという特徴があります。

静電気で髪が広がるタイプの人は、特に注意!
サラサラのストレートヘアよりも、ウェービーなヘアスタイルや傷んだ髪の方が花粉はくっつきやすいそうです。

また、髪を下ろしていると花粉が付着する面積が広くなってしまうので、花粉の時期はできるだけまとめ髪にするという予防対策をしましょう。

ロングヘアの人は外出時にさっと髪をまとめられるように、バレッタやクリップといったまとめ髪グッズを準備しておくと◎

また、傷んだ毛先をこまめにカットし、トリートメントを怠らないようにすることも大事!

早めに準備したい花粉症予防対策⑥花粉ブロックスプレー

花粉ブロックスプレー

マスクやメガネで精いっぱいの防御をしているにもかかわらず、花粉症の症状が軽減できないと辛いですよね。

目・口・鼻の粘膜に花粉症を防止するための対策をいくらとっていても、顔の皮膚に付着していては花粉症の症状が出やすくなってしまうそう……。

花粉の時期になると、空気中に細かい花粉がたくさん含まれるようになるといわれています。
なので、マスクやメガネで防ぐことができない、露出している皮膚に花粉が付着してしまうことも!

そんなときは、顔に直接吹き付けることができる花粉ブロックスプレーを使うと、空気中に含まれる花粉や有害物質の吸着を抑制できますよ。

メイクの上から使えるタイプのものを選んで、花粉を予防しましょう。
髪にも使えるタイプを選ぶと、より効果的♡

早めに準備したい花粉症予防対策⑦鼻洗浄スプレー

鼻洗浄スプレー

人によっては、目の痒みと同じくらい鼻水が辛いと感じるのではないでしょうか。

鼻をかみすぎると、鼻の周囲の皮膚がごわついたりかさついたりして辛いですよね。
ひどくなると、皮がむけてしまうことも……。

マスクをしても鼻水を予防できない場合、別の対策を同時に行なう必要があります。

花粉による鼻のムズムズが気になる人は、鼻スプレーの使用がおすすめ!
鼻の穴へ洗浄液を注入して、鼻の中に侵入した花粉を洗い流しましょう。

洗浄液はしみにくいタイプを選ぶのがポイントですよ。
生理食塩水のような体液に近いものを選ぶと、しみにくく使いやすいです。

気分もスッキリするので、花粉症の辛い症状からリフレッシュしたい人にもぴったりですよ。

早めに準備したい花粉症予防対策⑧空気清浄機

空気清浄機

室内にできるだけ花粉を持ち込まない対策を済ませた後は、空気清浄機を設置して部屋の空気を綺麗な状態に保ちましょう。
空気清浄機は置くだけで簡単に花粉を吸いこんでくれるので、花粉が飛散する時期は積極的に使用したいアイテム!

静電気防止スプレーで花粉を付着しずらくし、洋服ブラシで花粉を払い落したとしてもすべての花粉を完全に除去することは難しいです。
残ってしまった花粉の除去は空気清浄機に頼りましょう。

空気清浄機は、部屋の広さに合ったものを使用することと、フィルターの掃除を怠らないのが、正しく使用するポイント!

空気清浄機を使うと、眠っている時間も花粉対策をすることができますよ。
ぜひ寝室にも小さい空気清浄機を置いて、辛い症状を予防しましょう。

早めに準備したい花粉症予防対策⑨ヨーグルトを食べる

ヨーグルトを食べる

ヨーグルトは花粉症予防対策に効果的な食べ物だといわれていますよ。
ヨーグルトが直接花粉を退治してくれるわけではないのですが、ヨーグルトを食べて腸内環境を整えることで免疫力がアップし、花粉の症状を和らげる効果が期待できます。

また、ヨーグルトには様々な種類があり、乳酸菌の種類もひとつではないそうですよ。
様々な乳酸菌の存在が、腸内の善玉菌に良い影響を与えることがわかっているんだとか!

ただし、ヨーグルトを食べたからといって、すぐに花粉の症状が和らぐわけではありません。
継続して食べ続けることが必要!
少なくとも、花粉の飛散が本格化する時期よりも1ヶ月以上前から食べ始める必要があるといわれています。

腸内の状況には個人差があるので、1種類のヨーグルトにこだわらず、お腹の調子が良くなったと感じられるものを食べることが重要ですよ。

早めに準備したい花粉症予防対策⑩べにふうき緑茶を飲む

べにふうき緑茶を飲む

毎日飲む飲料にも、花粉症対策に効果的なものを取り入れて予防するのがおすすめ!

べにふうき緑茶は、日本で開発されたお茶の品種のことです。
メチル化カテキンという成分が含まれているそうですよ。

このメチル化カテキンには抗アレルギー効果が期待でき、くしゃみや目の痒みといった花粉症の症状の緩和に効果的だといわれています。

茶葉を高温にさらすことで有効成分が溶け出しやすくなるので、沸騰したお湯で煮だして飲んでみてくださいね。
花粉症の症状を和らげるには花粉を吸いこまないことが大切なので、部屋の中に花粉を持ち込まないようにしましょう。
花粉をできるだけ付着させないことと、持ち込んでしまった花粉を的確に除去するのが花粉対策のポイントですよ。
食べ物にも気を配りながら、本格的に症状が現れる前から予防しましょう。

【関連記事】【2019年版】花粉症の女性におすすめしたマスク12選

「花粉症の季節にはマスクが手放せない!」という方も少なくないはず。そこで今回は花粉症に...

花粉症

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

SON

早稲田大学国際教養
KOREAN Suzy❤️

>もっとみる