生きていくために必要な力!「角が立たない言い方」をマスターしよう

LIFESTYLE

ことが荒だつことを“角が立つ”といいますが、うっかり角が立つ言い方を選んでしまうことってありますよね。
職場の人間関係、友達や恋人との関係が大きく悪化する原因になることも……。
今回はこれを回避するためにも、角が立たない言い方をマスターしましょう!

角が立たない言い方をマスターしよう:“似合わない”ではなく「雰囲気に合わない」

まずはよく耳にする身近な会話を例にして、角が立たない言い方を考えてみましょう。

友達とショッピングに行ったときに、友達が気になるアイテムを見つけて、“試着するから私に似合うか見て欲しい!”と、お願いされることってよくありますよね。

数分後、試着室から出てきた友達を見ると“うっ、似合わない!”と思ってしまったとき、友達になんと言えばいいかわからない……。

はっきり似合わないと言える関係なら、そう伝えてもいいと思いますが、「◯◯ちゃんの雰囲気にちょっと合わないかな〜」という言い方の方が優しいですよね。

その後、友達の雰囲気に合うアイテムを一緒に探せば、信頼できる人だと思われそうです♪

角が立たない言い方をマスターしよう:“彼氏がいるからムリ”ではなく「みんなで行きませんか?」

彼氏がいるときに、知り合いたての男性から食事に誘われると困るという女性も多いと思います。
「彼氏がいるのでごめんなさい」と言うと、「そういう意味じゃないよ〜」と笑われて、恥ずかしい思いをしたことがある人もいるのでは?

人間関係を円滑に築ける女性は、断るのではなく「彼氏が男性と2人で食事に行くと嫉妬するので、他の人を誘って飲み会を開きませんか?」と代替案を出すそうです。

また、“彼氏が他の男性と食事に行くのを嫌がる”ではなく、「彼氏に誤解されると迷惑をかけちゃうかもしれないので……」と、お断りする女子もいるようです。

この質問のベストな答え方ってなかなか見つかりませんが、相手の男性に合わせた角が立たない言い方を見つけたいですね♪

角が立たない言い方をマスターしよう:逆ギレするのではなく「そういう見方もあるのか〜」

意見が対立したときや、“自分の方があなたより立場が上”と言動で示すマウンティング女子にダメ出しをされたとき、ついカッとなって角が立つ言い方をしてしまうことがありますよね……。

このときは、小さく深呼吸をしてから「そういう見方(考え方)もあるのか〜」と、客観的な意見を受け入れましょう。
受け入れる余裕があるフリでもかまいません。

この際、上から目線で言うのではなく“新しい発見があった!”という雰囲気を醸し出して言うと、角が立つことはないと思います。

角が立たない言い方をマスターしよう:選択肢を増やす、理由を加えて会話を進める

今まで挙げた身近な会話の例からわかるのは、

✔︎イエスとノー以外の選択を用意する
✔︎代替案を探す
✔︎深読みされそうなときは理由を伝える

と、角が立たない言い方を見つけやすいということです!

人間関係でトラブルをよく起こす人には、はっきりモノを言う人も多いですよね。
時と場合にもよりますが、曖昧な状況に違和感を感じないでいられる力を身に付けることも、大事だと思います。

また誘いを断りたいときは、ネガディブな方向に深読みしがちな人には、理由を加えた方がよさそうです。
先ほども言いましたが、相手に合った言い方を選ぶことが大事です♪

角が立たない言い方をマスターしよう:「ボキャブラリー・余裕・思いやり」を持つ!

✔︎イエスとノー以外の選択を用意する
✔︎代替案を探す
✔︎深読みされそうなときは理由を伝える

この3つができるようになるには「ボキャブラリー・余裕・思いやり」が必要です。

ボキャブラリーが豊富な人は、時と場所、そして相手に合った言葉を見つけることができます。
けれども、豊富なボキャブラリーを他人を傷つける道具に利用する人もいますよね……。
この人たちは、余裕と思いやりが足りていないのでしょう。

こうならないためにも、知識量を増やすだけでなく心の成長も目指しましょう!
知らず知らずのうちに、角が立たない言い方ができるようになっていそうです♪

角が立たない言い方をご紹介しました。
“言葉は凶器にもなる”といいます。言葉の選び方は慎重に!
これが、円滑な人間関係を築くための1番大切な心がけかもしれません♪