高橋愛&あべこうじ夫婦に学ぶ!さわやかなラブラブショットの撮り方

LIFESTYLE

ラブラブで、誰もが微笑ましい♡と思ってしまう、高橋愛(たかはしあい)さんと、あべこうじさん。
お2人はよくSNSにラブラブショットを載せていますが、とっても爽やかなんです♡
そんな素敵夫婦から、ラブラブショットのポージングや表情を学んでみましょう。

大川由梨
大川由梨
2016.05.17

①どちらかが変顔で決める

よくある、ご飯中の1枚。
2人で同じポーズをしたり、ただカメラ目線をしているだけではつまらない!

そんな時は、彼に変顔してもらいましょう♡
おどけることが好きではない彼の場合は、あえてあなたが変顔にチャレンジしちゃいましょう。

片方が変顔をしていると、クスッと笑えるので、甘すぎないツーショットになります♪

ツーショットのコラージュは、動きをつける!

写真をいくつか組み合わせた、よくあるコラージュ写真は、動きがあるものにしましょう♡

2人が写っているだけの、ラブラブな写真だと見ている方は「もういいよ……。」となってしまうかも。

ブレていたり、どちらかが写っていなかったり、失敗に見えるような写真をあえて取り入れましょう♡

キメ顔ではなく、満面の笑みなところもポイントです!

あえてモデル並のポーズを決める!

あえてポーズをバッチリ決めるのも、ユニークなツーショットに仕上げるコツです♡
そして横に同じようなショットでも、おどけた表情の写真を載せるのがポイント。

あべこうじさんは「LEVIS501な2人はいかが?(笑)」という、笑いを誘うコメントも載せています。

お揃いのアイテムを着ている時は、どうしても「お揃い」「リンクコーデ」などというタグをつけがち。
ですがここはあえて、クスッとできるコメントで、爽やかさを狙いましょう♪

リンクポーズは、あえて無表情で写る!

ピースをしているツーショットで自撮り……というのは、定番のポーズですよね。
そんな定番ポーズは、あえて無表情で、外してみましょう♡

デートやイベント、旅行へ行った時こそツーショット写真をアップしたくなりますよね。
無表情な写真は仲のよさを伝えつつも、ラブラブ感が薄れるので、ほどよいバランスになります。

これなら普段ツーショットをSNSにあまりアップしない彼も、アップしてしまうかも♡

他の人が撮った不意打ちの1枚♡

誰が見ても“微笑ましい〜!”と思えるのは、やはり他の人が撮った1枚。
後ろ姿や話している様子など、バッチリカメラ目線ではないものを選ぶのがポイントです☆

また自分たちカップルの仲良しショットは、撮ってもらう側も、なんだか嬉しいですよね。

あなたもそんなハッピーをおすそ分けできるよう、お友達カップルの何気ない1枚を撮って送ってあげてみてください♪

高橋愛さんのInstagram♪ あべこうじさんのInstagram♪

彼と写真は撮りたいけれど、周りから煙たがられたらどうしよう……なんてお悩みも解決!
高橋愛さんとあべこうじさん夫婦のツーショットを参考にすれば、誰もが羨む爽やかカップルに変身できますよ♪

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。