心にも手帳にも必要な余白。予定を詰め込むのをやめると変わること

「手帳に余白があると不安になるから」と言って、予定をびっしり詰め込みがちな女性もいると思います。
予定がたくさんあることは毎日が充実している証拠かもしれませんが、無理やりスケジュールを埋めて違和感を覚えているのなら、間違った充実感にとらわれている可能性も……。

今回は、「予定を詰め込むのをやめると変わること」をご紹介します。

自分の生活を見つめ直すのが怖いから、無理に予定を詰め込んでいませんか?

予定をたくさん詰め込むことは、充実感を得られるという最大のメリットがありますが、デメリットにも目を向けてみましょう。

<予定を詰め込むデメリット>
・ひとつの行動が雑になりがち
・予定通りにいかないときも多くなるのでストレスが生まれやすい

手帳に余白があると不安になる人の中には、これらのデメリットに気づいているけれど気づかないフリをしている人もいるでしょう。

気づかないフリをしている人は、自分の生活を見つめ直すのが怖いのでは?
もしも、無理やり感のある今の充実した生活に、違和感を覚えているけれど見つめ直すのが怖いなら、まずは、これからご紹介する「予定を詰め込むのをやめると変わること」を知ってください!

「予定を詰め込むのをやめる」と変わること①何もせず、ただ休む大切さを知る

予定を詰め込むのをやめると、なにもしない状況を受け入れられるようになります。
なにもしない状況に抵抗がなくなると、大きな疲労回復につなげられますよ!

「手帳に余白があると不安になる……」「常に動いていたい」という人は、疲労回復を怠りがちではありませんか?

予定を詰め込むのをやめて隙間時間ができたら、家事や仕事をするだけでなく、「休む」という選択もとれて初めて、本当に時間を有効活用できるようになるのだと思いますよ!

「予定を詰め込むのをやめる」と変わること②自分のために時間を使える

予定を詰め込むのをやめると、「自分のために時間を使えている」と実感することが増えるでしょう。

昼間は友達とショッピングやランチ、夜は飲み会なんて休日が続くと楽しそうですね。
しかし、人と過ごす時間ばかりだと、自分のためだけに使う時間がとれないので、冷静さに欠けてくることも……。

「予定を詰め込むのをやめてみたら、発想力が豊かになった気がする」という声も聞かれます。
自分のこと、やりたいことがわからないなら、手帳に余白を作るとヒントが見つかるかもしれませんよ♪

「予定を詰め込むのをやめる」と変わること③本当の充実感に気がつく

予定を詰め込むのをやめると、「充実」の意味を勘違いしていたことに気づくかもしれません。

充実と辞書で引くと、「内容が満ちて豊富なこと」と書かれています。
休みの日が来るたびに、それほど仲良くない友達とむやみやたらに会ったり、飲み会に参加したりするのが、内容が満ちていて豊富と言えるのでしょうか?

そろそろ、本当に求める充実した日々を探しに行きましょう!

予定を詰め込むのをやめたいなら、無駄なこと・やらなくてもいいことに気づいて!

予定を詰め込むのは全く悪いことではないです。
ですが、今回ご紹介した変化を知って、余白のあるスケジュールを目指したくなったなら、無駄な予定を作ることをやめる方法を探しましょう。

<スケジュールに余白をつくる方法>
・今ある予定が無駄な時間になっていないか考えてみる
・やることリストはゆるめにつくる、やらないことリストもつくる

一度勇気を出して今の生活を見直し、無駄なこと、やらなくてもいいことに気づいてください。

本当に充実したスケジュールとは、余白があるスケジュールだと思います。
余白は、メモにも心にも、そしてスケジュールにも必要なものなのです♪
今回は、「予定を詰め込むのをやめる」と変わることをご紹介しました。
スケジュールに余白を作ると、その日の気分や気持ちに合った行動もしやすくなるので、自分に合った生活に近づくと思います♪

【関連記事】早く帰ってプライベートも充実♪ムダな残業を避ける仕事方法5つ

仕事を頑張るのはいいけれど、毎日残業時間が長いと悩んでいませんか?残業をする人のなかに...

予定 スケジュール 詰め込む やめる 変化

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

楠原諒子

読者モデル・サロンモデル・WEBライター
野菜コーディネーター・国際薬膳食育師3級の資格を持って…

>もっとみる