無駄なくしっかり使い切りたい!野菜の保存方法をチェックしよう

せっかく買った野菜が冷蔵庫の奥底でカビにまみれていた!なんてことはよくありますよね。
安く買っても食べられなくなってしまってはもったいないです。
今回は野菜の保存方法をチェックしていきましょう。

野菜の保存方法をチェック:きゅうり

まず最初に、きゅうりの保存方法をチェックしていきましょう!
きゅうりは、野菜室に保存すれば2、3日保存可能です。
新聞紙や袋に入れて、水分を拭き取って保存しましょう。

凍らしてしまうと、繊維が壊れて食べられなくなってしまいますよ。
適度な温度で横に寝かせるように保存するのがおすすめです。

漬物にすればさらに保存期限は伸びますよ♪
ですが生野菜なので、お弁当に入れるときには食中毒などに注意しましょう。

野菜の保存方法をチェック:大根

続いてチェックする野菜の保存方法は大根♪
大根は葉を切り取って保存しましょう。
葉がついたままだと、そこから水分を吸い取ってしまうんだそうですよ。

みずみずしく食べるには、それぞれを分け、新聞紙で包んで保存しましょう。

また、大根はカットしたらそこから傷み始めます。
一本丸ごとならば10日間、切ってしまった後ならば密封した容器に保存し、できれば翌日には食べ切りたいです。

野菜の保存方法をチェック:じゃがいも

次にチェックする野菜の保存方法はじゃがいもです。
じゃがいもは暗く、温度の低いところで保存しましょう。
明るい場所に置いてしまうと、毒性を持った芽がたくさん出てきてしまうそうですよ。

芽は包丁などで取り除くことができますが、芽が増えるとともに、実の中にもソラニンという有害物質が増えてきて味も落ちます。

新聞紙などで包み、水分が抜けないように涼しいところで保存しましょう♪

野菜の保存方法をチェック:白菜

続いてチェックする野菜は白菜です。
白菜は、冬の間きちんと保管すれば一ヶ月ほどは保存可能だそうです。
東北地方などの天然の雪を使った保存方法は有名ですよね。

一方、夏場は早めに食べるのがおすすめですよ!
食べきれないようなら小分けの小さいものを買いましょう。

一週間ほどならば、夏場でも冷蔵庫内で保存ができますよ。
新聞紙などを巻いて、緑の部分が傷まないようにすることがポイントです。

野菜の保存方法をチェック:トマト

次にチェックする野菜の保存方法はトマトです。
トマトは、青い状態のまま購入すれば二週間ほどもちますよ。
なので、長く保存したい場合は青いトマトを選びましょう。

完熟したトマトはビニール袋に入れて、下手を下にして保管します。
トマトは熟れすぎても味が落ちてしまうので注意してください!

もし熟しすぎてしまったら、トマトピューレにしてスープやカレーに入れると、味に深みが出てGOOD♪

野菜の保存方法をチェック:キャベツ

続いてチェックするのはキャベツ!
キャベツは、カットされていなければ2週間ほど保存できます。
カットして保存する場合は、キッチンペーパーを湿らせて巻き、ラップをしてから冷蔵庫に入れる保存方法がおすすめ♪

カット野菜は、酸素に触れる面積も大きいので、傷むのも早いですよ。
できるだけ早めに使い切りましょう。

野菜の保存方法をチェック:玉ねぎ

最後にチェックする野菜の保存方法は玉ねぎです。
玉ねぎは保存食の一つで、2ヶ月ほど保存できるといわれています。
日の当らない、湿気の少ない場所で保管しましょう。

できれば吊るして保存するのが望ましいですが、吊るすものがない場合は、野菜ネットやバスケットに入れて保存すると◎

玉ねぎは、刻んでしまうと酸素に触れてしまい、保存が難しくなります。
そんな時には冷凍して、スープや味噌汁などの汁物に使うのがおすすめですよ。
野菜を無駄なく食べるには、保存方法も重要です。
セールに便乗して大量に買うのはいいですが、使い切ることも大切ですよね。
それぞれの野菜の特徴を理解し、正しい保存方法をチェックして、野菜を美味しく食べましょう!

【関連記事】夏に向けて体の中からデトックス♪簡単に作れる薬膳料理レシピ7選

ダイエット・デトックス・健康など、様々な面でプラスの効果が期待できる薬膳料理ですが、手...

野菜 保存方法 チェック 無駄なく

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

水木かほる

>もっとみる