一生使える資格「介護事務」を取得する方法をご紹介!

介護事務とは在宅介護サービスをしている老人ホームや訪問看護ステーションや介護サービスの人材派遣会社などで、受付業務や電話対応、シフトの管理や備品のチェックなどの事務作業を行う人のことです。

「介護事務」の仕事は、必ずしも資格が必要なわけではない。

shikaku-syutoku.vivian.jp

介護事務の仕事に就くには、必ずしも資格が必要な訳ではありません。
しかし、最低限の実務をこなすためのスキルというのは必ず必要になります。

ですから、そのスキルを短期間で体型的に学ぶには介護事務の資格をとってしまうのが一番の近道とも言えます。

介護事務の資格を取得するには、専門のスクールで講座を受講する、通信講座を受講する、独学で勉強するの3つの方法があります。

また介護事務の資格の中にも、「介護事務管理士」、「ケアクラーク」、「介護事務実務士」、「介護保健事務管理士」、「介護報酬請求事務」、「介護事務能力認定試験」、「介護保健事務技能認定試験」、「介護保険事務士」、「介護管理職専門秘書」と、介護事務関連の仕事は9つもあるのです。

「介護事務」の資格を取得する方法①スクールで学ぶ講座

www.sanko.ac.jp

介護事務の資格取得方法の一つが、スクールで資格講座を受講することです。
介護事務の講座はさまざまなスクールで開講されています。

基本的には基礎的な知識や、実務のやり方を学ぶのですが、スクールによってはそれぞれ特化した分野を学ぶコースが用意されている場合もあります。
講座の内容を確認して、自分が身につけるべき知識を吟味しましょう。

通学の利点は人から説明されることで理解の質があがること、毎回の授業のテーマが決まっているので勉強の計画を自分で立てなくてもすむことなどが挙げられます。

「介護事務」の資格を取得する方法②通信で学ぶ介護事務の資格

www.kikenbutu.info

通信講座で介護事務の資格をとるのも効率的な勉強方法です。

何故かというと、介護事務の認定試験ではテキストの持ち込みが許されているケースが多いのです。
だからこそ、対策が練られたテキストを売り物にしている通信講座で勉強することは、最適な勉強方法♪

他にも通信講座なのでマイペースで、安い費用でできるというメリットもあります。

介護事務の資格講座を用意している学校としては、「ユーキャン」、「未来ケアカレッジ」、「ソラスト」、「ニチイ学館」、「ヒューマンアカデミー」などが挙げられます。

ちなみに一番安く押さえられる講座で約30,000円くらいで受講できるようです。4ヶ月ほどで資格取得ができる見込みです。

「介護事務」の資格を取得したら…いよいよ就職先を見つけましょう!

akaboumatsumoto.com

介護事務の資格を取得したら、その後はいよいよ就職活動です。

介護事務の資格取得者が働ける場所というのは実はとても豊富なんです。
「ヘルパーステーション」や「老人ホーム」、「老人保険施設」、「在宅支援センター」などが挙げられます。

その施設の評判を調べたりして働きやすい場所を見つけましょう。

また介護事務の資格講座を開いている企業で就職活動をサポートしてくれる場合もあるので、スクールや通信講座を使って資格を取得した人はそのような紹介システムがあるのかどうかも事前に調べておいても良いかもしれませんね。
さて介護事務の資格取得の方法ご理解いただけたでしょうか。
高齢化社会の日本において介護関係の仕事の需要はどんどん増えています。
今のうちに介護事務の資格を取得することで、あなたの就職活動が豊かになることは間違い無しです!

介護事務 資格 取得 介護

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

橋本ちなみ

日々刺激を受けて生きています。新しいものはとりあえず触れてみる、都内在住ライターです。

>もっとみる