体重ばかり気にしてない?見た目ダイエットの指標はコレだ!

BEAUTY

ダイエットとなると体重ばかり気にしがち。
確かにレコーディングダイエットなどで体重が重要なのは確かです。
しかし、同じ体重でも見た目が全然違う人いますよね?
体重ばかりがダイエット成功の指標じゃないんです!

体重が同じでも見た目が全然違う人たち

同じ50kgでも、見た目が全然違うことありますよね。
健康診断でちらっと友達の体重を盗み見。
「私より絶対太ってると思ってたのに、意外と痩せてる...」とショックを受けた経験あるのでは?

盗み見してはいけませんが(笑)、そういう見た目と数値のギャップは人間の体につきものなんです。
見た目がポチャッとしているのに体重が痩せているのは、“筋肉量の違い”。

筋肉は見た目はスッキリしていますが、質量は重いです。
脂肪は面積が多い分軽いというのが特徴。

軽いのをとるか、スッキリしているのをとるかの問題になってしまうわけですが、着たい服を着るためにダイエットしているのなら、見た目に重点を置いたほうがいいですよね。

体重では測れない“見た目”からダイエットが成功しているか否かを読み取る方法を学びましょう♡

{見た目ダイエットの指標①}現実を直視!“全裸チェック”

少し前にモデルの方々が“裸で生活している”という話が話題になりました。
これは、下着の締め付けからの解放や、血行不良になるのを避けるためと言われています。
もちろん、“ボディラインのチェック”がいつでもできることも、理由に挙げられます。

さすがにずっと裸で生活しろとは言えませんが、お風呂上がりのチェックはマスト。
体重計に乗れば数字と顔を合わせるだけで済みますが、鏡で全裸チェックとなると話は別。
自分の脂肪を直視することになるので、いやでも現実を見る羽目になるんです。

全裸チェックしたら、次にやることはボディマッサージ。
からだを触って、脂肪がついてるところやセルライトの凝り固まったところなどをオイルで揉み解しましょう!

毎日続けているうちに、脂肪の厚みの変化やラインの変化を敏感に察知することができます。

{見た目ダイエットの指標②}ゆるゆるになるまでが目標!“目標サイズデニム”

上半身は何とか隠せることもあるけれど、お尻の大きさと足の太さはなかなか隠せれないのが現実。
おしゃれを楽しみたいのに、下半身のせいで諦めるはめに。
もはや試着なんて大嫌い!と感じてしまうかもしれません。

試着が嫌いになる前に、あえて入らないデニムを一本用意しておきましょう。
無駄なお金を使いたくないと感じるかもしれません。
でもそれは今だけ。
だって痩せれば着られるのだから♡

そのデニムを目標にダイエットすれば、必ず理想の体型になれるんです。
着たい服が切れるようになるのがあなたのダイエットの目標なら、そのデニム代は決して無駄にはなりません。

{見た目ダイエットの指標③}夏痩せを狙うなら!“水着”を買うしかない!

夏に水着を着たくてダイエットしている人も多いはず。
水着を着るのに、水着に合わせた体作りしていなくて大丈夫?
ただ、体重計に乗って、数値が減って満足だとしても、水着を着たら腰回りに浮き輪が残ってた!なんてこともあります。

水着を着る当日に気づいてしまってももう遅いです。
プールや海に行く前に何回か着てみて、ボディラインを確認してみることが大切。

脇肉やウエスト、腰回り、サイギャップ(太ももの隙間)など、水着を着ていて露わになる部分は要チェックしておきましょう!

①全裸チェック
②小さめのデニム
③水着を日常的に試着
ボディラインの他人からの評価は100%見た目。体重計の数字を気にするよりも、見た目を気にしましょう!