イタいアラサーにならない!25歳までにサヨナラしたい着こなし対策

FASHION

センスあふれる独自のファッションを楽しんでいるつもりが、気が付けばただの“イタいアラサー”になっていた……。
悲しいですが実はこれ、ありがちなファッションの落とし穴。
そんなイタいアラサーにならないために、25歳になるまでにサヨナラしたい着こなしを6つご紹介します。

アラサーのNGファッション&対策①大きなリボン→さりげないリボン使いに

「可愛いから」というただそれだけの理由で、大きなリボンがあしらわれたお洋服を身に付けていませんか?

確かに、ティーンズ雑誌から飛び出てきたかのようなファンシーなファッションに大きなリボンをあしらった着こなしは、可愛いしオシャレですよね。
しかし25歳になるまでに、この大きなリボンを身に付けたファッションを卒業しておかないと……イタいアラサーになりかねません!

なにもフェミニンな雰囲気を演出してくれるリボンとサヨナラする必要はありません♡

袖口に何げなくあしらわれたリボンディテールを選んだり、ボウタイで取り入れたりと、サイズと取り入れ方を変えてみましょう。

アラサーのNGファッション&対策②全身プチプラ→high&lowでメリハリを!

若いころは、全身プチプラブランドのお洋服に身を包んでいても、それがかえってオシャレに映ったり、そこでオシャレさの技量を計ったりすることもありますよね。

しかしそれがアラサーともなると「なんだかだらしないな。」と思われてしまったり、安っぽいファッションと認定されてしまう傾向にあるので要注意!

トレンドが目まぐるしく移り変わる中、毎回高価なお洋服を買っていられない!というのはアラサーになっても尽きない、女子の悩み。
これを解決するには、アイテムによってしっかりとhigh&lowを使い分けるのが賢い方法です。

例えば「トップスにはお金をかけないけれど、ボトムスは納得いくまでサイズの合うものを探す」「バッグと靴は高価なものを身に付ける」など、ルールは自己流でOK!
全身プチプラにならないよう、25歳になるまでにファッションを試行錯誤してみましょう♪

アラサーのNGファッション&対策③大胆な露出→ボディラインを活かす

ショートパンツよりもさらに短いホットパンツをはいて、さらにオフショルダーのトップスを着る。
こうした、ボトムスだけでなくトップスも露出をした着こなしが許されるのは、10代までと思っておきましょう!

どれだけスタイルを維持していて美しいアラサーだとしても露出しすぎのファッションは、下品と思われてしまう可能性が高いのです。

25歳になるまでに大胆な露出は控え、ボディラインを活かした着こなしにシフトチェンジしておきましょう♡

胸元や足を露出するのではなく、タイトなシルエットのアイテムを1点身に付けるなど、上手にボディラインを活かした着こなしが理想です。

アラサーのNGファッション&対策④シワやヨレがあるまま着る→素材にこだわる

朝起きてお洋服に袖を通したら、シワシワだった……。という事態は、大半の人が経験済でしょう。

しかしそこで、「まぁいいか」と思ってシワシワヨレヨレのまま着て出かけてしまうか否かというところで、イタいアラサーになるかならないかの線引きをされてしまいます。

そもそも薄っぺらい素材を使用している可能性の高いプチプラアイテムは、シワになりやすい傾向にあります。
25歳までに、素材にこだわったお洋服の見方も身に付けておきましょう。

素材にこだわるのではなく、プチプラアイテムであったとしても常にスチームを当てたりアイロンがけをしたりと、お手入れに余念がないようにする方法もオススメです。

アラサーのNGファッション&対策⑤ピタピタのシルエット→ゆとりを入れてセクシーに

若いころにありがちなのが、上下ともにピタピタのシルエットのアイテムを着こなすというファッション。
若さゆえのスタイルが際立ってとても美しいのですが、これも残念ながら美しく見えるのは20代前半までと考えておきましょう。

スタイルの良さが自慢だとしても、アラサーになったらピタピタファッションではなく、上手にゆとりを取り入れた引き算ファッションに、シフトチェンジするのがオススメ。

例えばトップスかボトムスのどちらかにビッグサイズを選び、もう一方のアイテムはタイトなものを選ぶ。
このバランスにチェンジするだけでも、かえって大人の色気を演出することができるのです♡

アラサーのNGファッション&対策⑥ミニ丈ばかり→ミモレ丈をさりげなく取り入れる

「若いうちは、やっぱり脚を露出してナンボ♡」そう考える女子は少なくありません。

もちろん美脚作りに専念し、ミニボトムスを履きこなすのは素敵なのですが……25歳になるまでにミモレ丈やロング丈のスカートを取り入れた、大人っぽいスタイルにもチャレンジしてみましょう。

これまでミニ丈ばかり履いていたのに、突然ミモレ丈を履くのでは違和感を感じてしまうかもしれません。

今から少しずつ、ミモレ丈のスカートを履いた時のファッションを研究し、徐々に取り入れていく方法が良いでしょう。

若いころからのクセで、ついそのままにしがちだったファッションも、気が付くと周りからイタいアラサーとして評価されてしまっているかも。
これを機に、素敵なアラサー女子になることを目指して、少しずつファッションのシフトチェンジをしていくのも良いかもしれませんよ♡