30代のリアルな声。若いときに気づいておきたかった5つのこと

LIFESTYLE

10代後半〜20代の方でも、もっと若いときに知っていたら……と思った経験が、一度はあるかと思いますが、残念ながらその頃には戻れませんよね。
もう過去を悔やむのはやめて、未来のためにできることをしませんか?
ここでは、30代の方に聞いた「若いうちに気づいておきたかった5つのこと」をご紹介します。
人生の先輩のアドバイスを、将来のための準備に活かしましょう。

30代のリアルな声。若いときに気づいておきたかったこと:友達は競争相手ではなく仲間

勉強や仕事、恋愛など、なんでも友達と競っていませんか?
特に見栄っ張りな人や負けず嫌いな人は、この傾向が強いと思います。

周りにいる友人全てを競争相手だと思っている人は、友人は競争相手ではなく仲間だということに気づいてください。

それに気がつくと、他人に頼ることができるようになります。他人の力を借りると、自分一人の力以上のことができます。「頼る力」は人生にとても必要なものです。

30代のリアルな声。若いときに気づいておきたかったこと:長期間の勉強は若いうちしかできない

人生の時間は限られています。そんなことわかってるよと思う方もいると思いますが……人生の時間配分を考えたことはありますか?

「なににどれだけの時間を費やしたいか」を、一度考えてみてください。

また、長期間の勉強は若いうちしかできないかもしれません。語学の勉強や資格取得は今のうちにやっておいた方がいいかもしれませんね。

30代のリアルな声。若いときに気づいておきたかったこと:減らす努力は早めに始めた方がいい

先ほど触れた資格取得など、増やす努力も素晴らしいことですが、減らす努力もしましょう。物を減らす努力をすれば、心が豊かになるシンプルライフが待っています。

また、癖はこびりつくとなかなか取れません。不満に思うことと向き合う、悪習慣をやめるなど、癖をマシにする努力は今すぐ始めてください。

30代のリアルな声。若いときに気づいておきたかったこと:時と場合によってはリスクを取る必要がある

リスクは避けようとしがちですが、時と場合によってはリスクを取る必要があります。リスクを取る勇気は年を重ねるに連れ減ると聞くので、若いうちにリスクを取ることも大事です。また、若いうちしかリスクを取るチャンスはないかもしれません。

この際、リスクを明らかにし、そのリスクをどのくらい背負うのか、一度冷静になって考えるのが理想的です。そのリスク以上にやってみたい、成功したいという気持ちが強いのならやるべきです。

30代のリアルな声。若いときに気づいておきたかったこと:10代、20代は成長する環境を作らなくても整っている

30代になると「若さは財産」だと、改めて気がつくようです。

10代、また20代はスタートに適したタイミングを得やすいんです。
学校に行けば友人に出会うチャンスがあり、準備をする時間も十分にあるので、成長する環境は作らなくても整っています。

10代、20代の方は今からでも遅くないことばかりなので、なにかに挑戦しようか悩んでいるのなら今すぐ始めてください。いつまでもやらない人は、おそらく一生努力をしないで人生が終わってしまいますよ。

30代の方の本音は、10代、20代の方に深く突き刺さるものが多いと思います。
身近に30代の方がいる人は、話を聞いてみると人生を変えるアドバイスがもらえるかもしれません。