きっとまた恋ができる♡失恋で傷ついた心を癒す4つの処方箋

LOVE

ずっと彼のことが好きだった……。失恋すると心にぽっかり穴が空いたような気持ちになりますよね。
そのまま無理やり新しい恋に走ると、ダメンズを引き寄せてしまう可能性も。
まずは失恋で傷ついてしまった心の修復作業を最優先させましょう♡
そこで今回は、失恋で疲れた心を癒すつ4の処方箋をご紹介いたします。

失恋で傷ついた心を癒す処方箋①他人と自分を比較しない

失恋すると、しばらくはカップルばかりが目に入ってくるでしょう。
幸せそうなカップルを見ては、「あ、今日は金曜日か」と、ふと空しくなる瞬間も……。

しかし、他人と自分を比較して自分を責めても、失恋した事実を書きかえることはできません。
それに幸せそうに見えるカップルでさえも、悩みがないわけではないのです。

他人と自分を比較せず、今自分に映っている光景がすべてではないと思うと、少しは気が紛れるかもしれませんね♡

もちろん、むやみやたらにSNSを眺めるのも比較して落ち込むきっかけになりますから、やめておきましょう。

失恋で傷ついた心を癒す処方箋②今の環境に感謝する

恋愛がすべて、という女性ももちろんいるでしょう。
しかし、最近では結婚しない女性も増えています。

もちろん、細かい部分をみれば深い問題が山積していますが、昔に比べれば「女性=結婚しなければいけない」という時代ではなくなりつつあるでしょう。

だからこそ失恋をしても、まるですべてを失ってしまったかのように落ち込まなくていいのです。
大切な家族や親友が側にいてくれるなら、それだけでも十分幸せなこと。

心が傷ついてしまっているからこそ、ないものねだりになるのではなく、今の環境に感謝しましょう。
恋愛だけが幸せを測る基準ではありません♡

失恋で傷ついた心を癒す処方箋③自分と向き合う時間をとる

失恋の傷が癒え、少し心に余裕が出てきたら将来に向けてライフプランを見直してみるといいかもしれません。

たとえば、結婚する前にある程度お付き合いする期間がほしいと思っている場合、「1年後までに結婚する」というのは現実的ではありません。

2年間くらい多めに時間を確保し、それまでに結婚をするという流れでいたほうが、なにより自分自身が楽になれるはず。

失恋しても自分が生きていれば、また最高な恋ができますよ。
そして、素敵な男性ともまた出会えます。

今はそう信じて、自分と向き合う時間を多めにとりましょう♡

失恋で傷ついた心を癒す処方箋④おひとりさま力を強化する

たとえば28歳で失恋したとしましょう。
もちろん、まだまだ結婚できる可能性もありますが、万が一に備えて心の準備をしておくことも大切です。

成就はしなかったけど本当に相手のことが好きだったからしばらく心の整理をしたいと思っているなら、30歳をすぎても一人でいる可能性はゼロではありませんよね?

万が一、一人の時間が長くなってもいいように覚悟しておくと、精神的にも強くなれるかも。
そのためには、経済力も自活力も必要になります。

今まで両親に頼りっぱなしで過ごしているなら、一人暮らしを始めてみたり、連休をつかって一人旅に出たりと、おひとりさま力を強化してみましょう。

失恋したらしばらくは、心とからだを休めましょう。
焦らなくても、きっといつか傷を癒してくれる男性と出会えます。
そう信じて、今は心の整理とこれからについてゆっくり考えてみて♡