赤の他人になりきるのも手?帰省中にストレスを溜め込まない方法♪

連休は実家に帰省し、のんびりと羽を伸ばそうとしますよね。
でも実際、帰省中に待っているのは親戚付き合いや親の小言など小さなストレス。
そこで今回は、せっかくの帰省中にストレスを溜め込まないための対処法についてご紹介していきます♪

帰省中にストレスを溜め込まない対処法① 移動中のストレスを軽減させる

帰省するぞと決めて何もせずに里帰りできれば楽なのですが、実家にたどり着くまでにすでに多くのストレスが待ち構えています。

荷造りやお土産選び、新幹線や飛行機の予約など面倒くさいことがたくさんありますよね。

荷造りは1週間前ほど前から必要になりそうなものをパッキングしていきましょう。
直前にやろうと思うからストレスなのです。

お土産選びも予算を決めてスムーズに購入を。
人混みでストレスが溜まるなら、少し高くてもいい席を予約しましょう♪

帰省中にストレスを溜め込まない対処法② 帰省前に仕事は片付ける

せっかくの連休ですから、お仕事のストレスから完全にシャットアウトしましょう。
そのためには帰省前からの対策が大切です。

仕事が勤務時間内に終わらないのなら残業しなくちゃいけません。
何でもかんでも仕事を引き受けてしまう性格の人は、帰省前くらいは断りましょう!

実家で親戚同士の付き合いの方がもっとストレス……という人は、あえて実家に仕事を持ち帰るのもアリ。

家族からは転職や体調管理について小言を言われるかもしれませんか、煩わしいおしゃべりから解放されることはできるかもしれません♡

帰省中にストレスを溜め込まない対処法③ 実家の料理を手伝う

実家に帰省したらぜひとも料理を手伝ってあげましょう。
連休であなたが帰ってあげたときくらい家族を休ませてあげてください♪

一人で作って料理を振る舞うのもいいし、家族を手伝いながらその間に込み入った話もできるかもしれませんよ。

家族も喜んでくれるでしょうし、ただダラダラした帰省と違って充実感があります!

帰省中にストレスを溜め込まない対処法④ 話すときはデジタルオフ

家族や親戚と話すときはデジタルオフに。
スマホを見たりPCで仕事をしながら話すのは、緊急事態でもない限りやめましょう。

確かに面倒臭くてストレスになることはたくさんありますが、血の繋がった人と話す貴重な時間です。

ジェネレーションギャップを楽しむもよし、両親の現役時代の話を聞くもよし。
あなたのルーツについて知る絶好のチャンスだということを忘れないで!
そう思うと会話が楽しくなりますよ♪

帰省中にストレスを溜め込まない対処法⑤ ゲストになりきる

ストレスが我慢できないのは、気の知れた家族やルーツである親戚だからです。
蔑ろにできない存在であり、そこでのストレスを発散する場もありません。

赤の他人ならば気遣いや遠慮、感謝などでストレスをカモフラージュできます。
しかし家族にはそういうことをあまり意識しないのではないでしょうか?
気づけば帰省中に親と喧嘩なんてこともあるかもしれません。

身内だけれど帰省中には気遣いや感謝が大切です。
まるで会に呼ばれたゲストのように振る舞ってみましょう。
自分の中で立場を変えて見るだけで、今までの帰省とは違った連休になるでしょう♪

帰省中にストレスを溜め込まない対処法⑥ デジタル機器の整備を頼まれても怒らない

帰省中に頼まれることNO.1がデジタル機器の整備ではないでしょうか。
PCのアップデートやスマホの使い方、最新機器の操作方法など教えて欲しいと頼まれますよね。

私たちにとっては直感的に、簡単にできる操作でも両親や祖父母にとっては難しいと感じてしまうのです。
仕方ないとわかっていても「この前も教えたじゃん!」とイライラしてきますよね。

毎回帰省中に頼まれるなら、その場しのぎの対処法ではなく、自動化できるように設定しておきましょう。
そして再発防止のために簡単にマニュアルを作っちゃいましょう!
一人暮らしや恋人との生活に慣れてしまうと、お節介な環境がストレスになりうることも。
でも帰省中は大事な両親と対面で話すいい機会ですし、両親も顔を見ることができ嬉しく思ってます。
ストレスになるかもしれませんが、自ら回避する対処法を身につけて、楽しめるようにしていきましょう♡

【関連記事】母親とはまた違った意見が聞けるかも。娘が父親から教わる3つのこと

同性ではないから、父親は娘の気持ちなんてわからない?娘に大切なことを教えられない?そん...

帰省中 ストレス 対処法

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

高月ルナ

>もっとみる