3ヶ月で−10kg!?驚異のケーキダイエットとは

BEAUTY

太ってしまう原因といえば……甘いものや間食!
だけど、大好きなスイーツって、なかなかやめることができませんよね♡
そこで今話題になっているのが「ケーキダイエット」♪
なんとケーキを食べながら、痩せることができるんです!

驚きの効果!ケーキダイエットとは?♪

イスラエル大学の研究者が「スイーツを朝食に取った方が、ダイエットは成功に繋がる」という、驚きの事実を発表!
そしてケーキを食べて10週間で10kg痩せた方も♪

ケーキダイエットは、“朝にケーキを食べ、昼は肉や魚を主食、夜はスープを食べる”という食事方法。
なんとこれ、フランスの王妃マリー・アントワネットが実践していた食事方法でもあるんで♪

ほっそりとした美しい体で、出産後もウエスト58cmという細さ!けれども甘いものが大好きだったマリー・アントワネット。
あのプロポーションは、こういった食事方法で保っていたのですね♡

ダイエットは短期で痩せるだけでなく、その後、リバウンドしないことが重要!

そもそも、人が甘いものをなかなか止めることができないのには、原因があります。
人は砂糖を摂ると、脳内麻薬と呼ばれているホルモン、“エンドルフィン”が分泌されます。
甘いものを食べると、落ち着くのはこのホルモンのせい!
疲れている時に甘いものが食べたくなるのは、これが原因なんです。

朝食にしっかり甘いものを食べると、満足感や満腹感が得られます。
そして朝は代謝が良い上に、夜まで時間があるため、甘いものを燃焼する余裕があります♡
そのためケーキダイエットは成功しやすいんです!

驚きの効果!ケーキダイエットの方法:朝はケーキを我慢しない♪

いくら朝にケーキを食べていいとは言っても、ダイエット中だとカロリーが気になってしまいますよね。

また、毎日食べるのであれば、健康面にも気を使いたいところ……。

通常のケーキは1つあたり、カロリーが400キロカロリー前後。
けれども実は低カロリーで、200キロカロリー前後のケーキも多くあります♡

避けたいのは、脂肪分が多いケーキ!
バターや生クリームが多く使われているものです。

例えばショートケーキやチーズケーキ、バターがたっぷり入ったマフィンやスコーンなどの焼き菓子も、サイズに注意です☆
また、ミルフィーユなどパイ系のケーキも、高カロリーのためおすすめできません。

逆に低カロリーなケーキは、卵や牛乳がメインに使われているもの。
卵白が多く入っているシフォンケーキは、見た目のボリュームこそあるものの、低カロリー!

またチーズケーキでも、スフレチーズケーキは軽めなのでOK♪
食物繊維が多い、モンブランもおすすめ。栗自体に甘みがあるため、他のケーキより使われている砂糖の量が少ないんです♡

そしてフルーツは、美容効果がたくさんあるんです。
迷ったら、フルーツが多く使われているケーキや、生クリームではなく、カスタードクリームが使われているタルトなどを選びましょう♡

驚きの効果!ケーキダイエットの方法:昼は低GI食品を選ぶ

お昼は、GI値が低い食べ物を積極的に選びましょう♪

GI値とは、食品が体内で糖に変わり、血糖値が上昇するスピードの値のこと。

GI値が低い食べ物を選べば、血糖値の上昇が緩やかにななります。
そのため、食べ過ぎを防ぐことができ、脂肪への吸収も抑えることができるんです♡

ケーキダイエットの場合、お昼は肉や魚を中心に食べるのが成功のコツ♡

肉や魚は高GI値のものが特になく、どれも同じくらいのGI値です。
そのため好きな肉や魚を食べることができるのも、ケーキダイエットの嬉しいところ♪

炭水化物が食べたい!という場合は、白米より玄米を選びましょう。
また、春雨もGI値が低いのでおすすめです。

野菜だとほうれん草や、さつまいも、もやし、レタスなどが◎

驚きの効果!ケーキダイエットの方法:夜はスープで健康的に♡

夜はスープで、胃に負担をかけないようにしましょう♡
軽めにすることで、朝もスッキリ起きられるようになりますよ。

「夜、スープだけじゃお腹が空いちゃう〜!」と思うかもしれませんが、お昼に低GI食品をしっかり食べることがポイント。
低GI食品は満腹感を与えてくれて、腹持ちがいいことで有名なんです♪
よく噛んでしっかり食べれば、夜はスープだけでも我慢できますよ。

ちなみにマリー・アントワネットは、鶏や牛で出汁を取ったスープに、野菜やハーブが加えられたものを食べていたのだそう♪

好きなものは我慢しないで食べるのが、最近のダイエット!
ケーキダイエットは、甘いものが止められない女性にこそ効果的です♪