肌荒れも怖くない♡毎日ハッピー顔『カバーメイク』のポイントを伝授!

BEAUTY

「隠したいところをメイクでうまくカバーしたい」というのは誰しもが思うこと。
優秀なメイク用品を使っても、ある程度のテクニックがないと隠しきれません!
そこで今回は、カバーメイクのハウツーを伝授いたします☆

<カバーメイクのポイント①>化粧下地は必ず塗る!

化粧下地をのせる前に、スキンケアをしっかりおこない、お肌をプルプルに潤わせてください。
じゃないと、お肌が乾燥して化粧崩れの原因となります。

入念なスキンケアのあとに化粧下地をのせていきます。
化粧下地はそれだけで顔の赤みを抑えたり、顔の色素を均一に整えてくれる効果があります。
しかも、化粧下地でベールを作ることで、ファンデーションを重ね塗りしても肌へのダメージを軽減してくれます。

化粧下地は必ず使用しましょう!

<カバーメイクのポイント②>より隠したいところはコンシーラー♪

とはいえ、化粧下地だけで隠れない赤みやしみがあるって人はコンシーラーを使いましょう!

特に、「くま」は『ピンクのコンシーラー』がオススメ。目元の明るさを取り戻してくれます。
「ニキビあと」や「シミ」は『黄色のコンシーラー』で目立たなくしましょう!
それでも赤みが酷いようなら『グリーンのコンシーラー』。赤みが驚くほど抑えられます♪

忘れてはならないのが、コンシーラーの仕上げはスポンジでトントントンとしてあげること。
お肌にしっかりなじんでキレイにしてくれます!

<カバーメイクのポイント③>仕上げは「パウダーファンデーション」か「フェイスパウダー」で軽く♪

「パウダーファンデーション」は必ずブラシでお肌にのせましょう。
スポンジだとファンデが付きすぎて厚塗り感が出てしまいます。
「フェイスパウダー」も軽く付けるだけでOK♡

さらに、ハイライトで顔に立体感を!鼻筋、目元、眉間に入れてあげましょう。
そうすると、眉間から鼻筋に立体感が生まれ、鼻を高く見せられます。
目元はより明るくなり、表情も明るく見えます。

カバーメイクはしっかり落としましょう!

メイクは通常20〜40分かかりますよね?
でもメイク落としやスキンケアにかける時間は、皆さんどのくらいでしょうか?

実は、メイク落としはかなり重要なんです。
メイクにかける時間の半分(10〜20分)程度を使って、ゆっくり丁寧にしっかりと落とすのが大切。

スキンケアも同じです。
メイクは必ずしも肌に良いとは限りません。
だからスキンケアをしっかりやって、メイクに耐えられるお肌を作らなければならないのです。

メイク落としとスキンケアは入念にやりましょうね♡

隠したいところは、このテクニックを使えば隠すことができます。
メイクは心を明るくしてくれる魔法。
人に見せたくないところはとことん隠して、明るい自分で行こっ♡