次の流行はドファサルメイク!「儚げな色素薄いちゃん」を目指そう♡

BEAUTY

話題を集めた韓国の“オルチャンメイク”が記憶に新しいですが、次に流行るのが“ドファサルメイク”と呼ばれているものなんです!!
色素の薄いちゃんの仕上がりで、なんとも儚げな雰囲気が印象の“ドファサルメイク”。
どんなメイクかポイントをお伝えします♡

「ドファサルメイク」ってどんなメイク??

韓国語でドファサルとは、「世の中のすべての男性を魅了する」という意味なんです!

そう、まさにドファサルメイクは、男性を魅了するメイクなんです♪

ドファサルメイクのキーカラーとなるのは赤!
目元に赤みを持たせることで、泣いた後のようなうるうるの目元を表現し、色っぽさをプラスするのです。

だから、赤のアイシャドウはマストアイテム!
発色がしっかりと出るものが必要になります。同様にチークも赤をチョイス!
内側からにじみ出るような、赤い発色のアイテムがピッタリなんです♪

次からは、ドファサルメイクの工程を簡単にご説明します♡

ドファサルメイクのやり方① アイメイクには「赤色シャドウ」を♡

先程も述べたように、ドファサルメイクの重要ポイントが目元!

さっそくドファサルアイメイクの作り方を順番にご説明しますね♡使用するのは、しっかりと発色する赤色アイシャドウです。

①指の腹を使って、上まぶたの二重幅よりも少しオーバーめにアイシャドウをのせる。

②細めのチップ・またはブラシを使い、下まぶたにもON!
下まぶたはキワぎりぎりのところにのせます。

③アイラインを目頭から目尻までキワに細めにひく。
目尻は自然に流れるように引き終えるのがポイント!!

※アイライナーは赤茶系のブラウンがおすすめ♡ブラックは、強めの目元になり、色素薄い感が出ないのでNG!!
ボルドーのカラーライナーを使っても◎

④マスカラは上下にたっぷりと塗ってOK!
ただし、あまりカール力をつけない方が色っぽさアップです。

ドファサルメイクのやり方② チークには、赤色のクリームチークを♪

つづいてチーク♡チークもアイメイク同様、赤をチョイス!おすすめなのが、クリームチーク。

内側からにじみ出るような、自然な血色感を作り出すことができるんです♪パウダー感が出ない方が“ドファサルメイク”にはピッタリです。

①指の腹にクリームチークをとり、黒目の下にのせる。
※通常のチークよりも、かなり上目なのがポイント!!

②黒目の下をスタートとして、目尻側にむかって細長くのばしていく。
このとき、ポンポンと馴染ませながらのばしていくことで、自然な血色感をだせます。

目元を強調させたいので、チークはナチュラルめがおすすめです。

ドファサルメイクのやり方③ リップは控えめが◎

最後にリップ。目元が主役なので、リップメイクも控えめがベター♡

①まず、コンシーラーで唇の赤みを消す。

②赤の口紅を唇の内側に塗る。
このとき、指を使ってポンポンと叩くように唇にのせていくのがおすすめ。
乗せすぎないように注意です!仕上がりがグラデーションになるように調整してくださいね!

③クリアグロスを、唇の中心を基準に薄めにのせる。

今注目のドファサルメイク、いかがでしたか?
ブラウンと組み合わせたり、赤みを少し押さえれば、ドファサルメイク初心者の方でもチャレンジしやすいので是非試してみてくださいね♡