「辛い!痛い!」を解決♪ノンワイヤーブラのメリット&デメリット

最近、「ノンワイヤーブラ」が世代を問わず人気です。
けれど、つけ慣れないブラを買うのに抵抗を感じますよね……。
ということでここでは、ノンワイヤーブラの真相に迫ります!

ノンワイヤーブラのメリット① つけている感覚が全くない

ノンワイヤーブラの最大のメリットは、つけている感覚が全くないところです。一度試着してみると、驚くと思います。

あの締めつけられている感覚から解放されるので、ストレスフリーな女性になれるかもしれません♡

ノンワイヤーブラのメリット② 痩せ型の女性の悩みを解決してくれる

痩せ型の女性の中には、ブラジャーのワイヤーが骨にあたって痛いという悩みを抱えている方も多いと思います。

痛くないブラジャーになかなか出会えず、痛みを我慢している女性もいるでしょう……。

ワイヤーが骨にあたる心配がないので、痩せ型の女性はノンワイヤーブラが向いているかもしれませんね。

ノンワイヤーブラのデメリット① ホールド力に不安を感じる、寄せ上げ効果が期待できない

ノンワイヤーブラのデメリットも知っておきましょう。

ノンワイヤーブラはつけている感覚が全くないので、ホールド力に不安を感じる女性もいるようです。
胸をいつも正しくサポートしたいと思っている女性や、激しい運動をする女性には向いていないかもしれません。

また、寄せ上げ効果は期待できないので、胸を大きく見せたい方にもオススメしません。

ノンワイヤーブラのデメリット② デザインもサイズ感もピッタリなものを見つけるのが難しい

ワイヤーブラしか取り扱っていない、またノンワイヤーブラは通販でしか買えないというお店もあります。

さらに、ノンワイヤーブラはS、M、Lとサイズの種類が少ないことが多いので、デザインもサイズ感も自分にピッタリなものを見つけるのが難しいです……。

ワイヤーブラとノンワイヤーブラを使い分けて!

胸は一度垂れてしまうと元には戻らないと聞きますが……家に帰ったらすぐにブラジャーをはずしたくなりますよね。

一方で、バスト維持に余念のない女性は、家でもブラジャーをつけているそうです。

自宅でゴロゴロするときなどは、楽チンなノンワイヤーブラをつけているという女性も多いので、ワイヤーブラとノンワイヤーブラを使い分けてみるのもいいかもしれませんね♪
今回ご紹介したメリットとデメリットは、あくまでも参考までにしてください。このようなタイプが多いというだけで、ノンワイヤーブラの中にも、つけている感覚があるものはあります。またホールド力に優れたもの、胸を大きく見せることができるものもあります。
ノンワイヤーブラが気になる方は、一度試着してみてください!ノンワイヤーブラが自分のライフスタイル、そして体に合っているか確かめてきてください♪

ノンワイヤーブラ メリット デメリット

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

楠原諒子

読者モデル、サロンモデル、キュレーター
野菜コーディネーター、国際薬膳食育師3級の資格を持って…

>もっとみる