初デートは韓国!PRADAのバッグをお土産に/【実録!セレブ旅行紀 vol.1】〜前編〜

LIFESTYLE

旅色プラス × 4meee! コラボ連載企画がスタート!
女子にまつわるさまざまなテーマで、毎日最新記事をお届けします。

火曜連載は【実録!セレブ旅行紀】
港区在住の美依子(28歳)が、人生で出会った魅力的な人物、セレブリティな旅行を通して学んだことを綴っていきます。旅行好きさん、恋愛至上主義さんは必見ですよ♡

第1回目は新卒1年目で訪れた『韓国』について。
韓国と言えばエステ、プチプラファッション、辛いもの……とイメージする女子が多いのでは?このセレブ旅行記を読むと意外な韓国の楽しみ方を発見できるかも!

はじめに言っときますけど、ちょっと過激な旅行記です

はじめまして、私の名前は美依子(みいこ)。みーこって呼んでね。

派手な服着てちゃらんぽらんに見えるかもしれないけれど、こうみえて大手広告代理店に務めてるの。もう、ほんっとに激務なんだけど、定期的に旅行に行ったりエステに行ってストレス発散しているわ。自分を癒すためのコストがかさんで何のために仕事をしているかわからなくなっちゃうわよね。

酸いも甘いも知った28歳の私は、いまアクセスが便利な青山一丁目に住んでいるの。港区女子だけど、お食事会と称した飲み会はきらい。もうある程度の有名高級料理店には行ったし、自慢話をする港区男子と、タクシー代にガッツいているエセ港区女子に付き合っている暇はないわ。

……あ、話が脱線してごめんなさい。今回は記念すべき第1回目ということで、私が初めて男性と海外に行ったときの話を。少し長くなってしまうんだけれど、お付き合いいただけるかしら?

初デートが「旅行」。この男、タダ者ではない!

インテリアショップを経営するタクミさん(36歳)と出会ったのは、友達が開催したお食事会。当時私は22歳、フレッシュな新卒1年目だったの。

高級中華料理店でフカヒレを頬張る私に、「良かったら僕のフカヒレも食べてくれないかな?実は今日2軒目で既にお腹がいっぱいなんだ。」と話しかけてくれたのがきっかけで連絡先を交換することに。

数日後、彼から届いたメールは大学を卒業したばかりの私にはクレイジーな内容。



—もしよければ明後日、韓国に行かない?



まだちゃんとデートもしたことがないのに韓国!?韓国はエステや美容アイテムが充実しているので女友達とは数回行ったことがある国。けれど男性は何をしにいくの?もしや整形……!?

模範解答がよくわからず、返事にためらっていると彼から着信が。


「今回はカジノ旅行なんだ!友達と2人で行ってもなんだかつまらないし、みーこちゃん辛いものが好きって言ってたからどうかな?って思って。一泊二日で弾丸だし、僕たちは寝ないでカジノしちゃうんだけど、だれか友達つれてきて一緒に買い物とかすれば楽しいと思うよ!服とかは現地調達しちゃえばいいからハンドバッグ1つで十分だよ。じゃあ明後日の14時に羽田(空港)でね。バイバーイ。」

イザ出発!VIPなカジノ無料招待旅行

こんなにイヤラしくなく、スマートに海外旅行へ誘う男性は後にも先にも彼だけだと思うの。

寝ないでカジノ、買い物、服は現地調達
ーー安心、安全、女子の夢!!

絶対楽しいという直感に従ってすぐに「はい、わかりました。」とお返事をしたわ。セレブは移り気だから素早く決断するのが鉄則よ。

ワンピースにハイヒール、コスメと小銭入れが入るサイズのバッグ。まるで銀座に食事に行くようなスタイルで羽田空港に到着。
私が誘ったのは、フットワークが軽くて気を遣わなくていい大学時代の親友・ユミ。タクミさんの友人は、東京で有名な結婚式場を経営している御曹司のトモヤさん(32歳)。
飛行機はもちろんファーストクラス。彼はJALのダイヤモンド会員(※1)らしいけれど、今回大韓航空なのはカジノ側のご招待(※2)だからなんだとか。

約2時間ほどのフライトで韓国の仁川空港に到着。
タクミさんによるとトモヤさんはグルメ王子で、各国のおいしい料理を熟知しているそう。「どうしても食べたい参鶏湯があるんだ」ということで、空港に迎えにきていた車に乗って市庁にある『土俗村』へ。伝統家屋で食べる参鶏湯はお肉がホロホロに柔らかく、濃厚なスープが特長。

お腹を満たした私たちは今回の旅のメイン!カジノをするため『7Luckカジノミレニアムソウルヒルトン店』へ。宿は隣接する『ミレニアムヒルトンソウル』。部屋はタクミさん、トモヤさん、私とユミの3つに分けられていた。下心を感じさせないどこまでも紳士なタクミさんにキュンときちゃう♡

【セレブ言語解説】
※1)ダイヤモンド会員…JALマイレージバンクの最上級会員。
※2)カジノ利用実績が高額だとVIPとして無料招待を受けられる。この方の場合は航空券、ホテル、空港からの送迎、食事などすべてが無料。

セレブ男たちは意外にも単純なモノがお好き?

「みーこちゃんもユミちゃんもカジノ初めてだっけ?とりあえず俺たちがするのを見ててよ。」と、男性陣ふたりがバカラをする姿を見るところからカジノがスタート。

バカラはカジノの王様と言われ、仮想の2人「バンカー(BANKER)」と「プレイヤー(PLAYER)」のどちらが勝つかを当てるというカードゲーム。1回30秒ほど、勝つ確率が2分の1、なんてとても単純なゲームよね。カジノでVIP待遇を受けている人のほどんどがこのバカラで遊んでいるみたい。これは私の見解だけど、ドーパミンジャンキーな会社経営者や起業家の男性は"瞬時の決断力"を求められるからバカラにヤミツキになっちゃうのかも。

「トモヤは前回の韓国でいくら勝ってるんだっけ?」
「俺は300(万)プラスくらいかなー、タクミさんは800(万)マイナスだったよね。」


そんなとんでもない額をサラッと言ってしまう本物のセレブ達。800万円あったらバーキン4つ買える……って思っちゃうあたり、一般ピープルな自分が恥ずかしい。

「はい、100万ウォン(当時約10万円)あげるから2人もやってみなよ!」

私とユミ、それぞれに10万円を1000円のように渡してくるタクミさん。新卒月給の約半分がポンッと手に入るなんて感慨深いわよね。「みーこ!タクミさんって素敵な人すぎるよぉ(涙)」とユミもすっかりタクミさんのことを気に入ってくれたみたい。

—時刻は深夜1:30
バカラで負けたり勝ったりを繰り返した私とユミ。結果、私は3万円負けくらい。
そろそろカジノに飽きてきた私たちに「東大門のショッピングモールは朝までやってるからお洋服でも見てきなよ!」とタクミさんが車を手配してくれたの。女心熟知しすぎてモンスターレベル。

とにかく、女はショッピングさせとけば上機嫌

私とユミは、眠らない街・東大門(トンデムン)に到着。『doota!(ドゥータ)』にダッシュ!

doota!は朝5時までやっていて、韓国旅行で毎回行く大好きなファッションビル。お洋服の値段は平均1万円くらいで感動する安さではないけれど、マルイやルミネが好きな女子にはぴったりのファッション系統。
比較的安めの『ミリオレ東大門』は店員がやる気なくて無愛想だし、ごちゃごちゃしていて可愛い服が見つけられないから苦手。正直、東大門は色々なファッションビルがあるけどdoota!だけに時間を費やせばOK。

激安な服が欲しいなら、『高速ターミナル』っていう駅の地下商店街がおすすめ。とにかく巨大すぎて1日でも周り足りないくらい。夜は22時までだから女子旅のときはメインに訪れてみて。

エステ好きな私としては、ミネラルたっぷりの泥パックでツルツルになれる『明洞MUD汗蒸幕』に行きたかったけれど、ユミがサウナ嫌いだからしかたなく断念!でもたくさん買い物できたから気分はルンルン♡
朝5時、たくさんの荷物と共に部屋に戻った私とユミは、夢の中へ……。

ピピピピピ……
平日のアラーム設定解除するのを忘れていて、朝7時に起こされた私。


「ユミ、起こしちゃった?ごめんね!」

……


—あれ?ユミがいない!?!?


私は瞬時にユミのあの一言を思い出した。


「みーこ!タクミさんって素敵な人すぎるよぉ(涙)」


頭が真っ白になる。ユミとは4年来の親友で信じ切っていたから、まさか2日目の朝にあんなことが起きるなんて思わなかったの。

韓国セレブ旅行の2日目、朝起きたら親友のユミがいない……!?
もしかして、タクミさんのところに……?

気になる後編は旅色プラスで!

▶︎【実録!セレブ旅行紀 vol.1】後編