計画的女子に☆夏休みの過ごし方は「手帳使い」で左右される!

LIFESTYLE

夏休みが着実に近づいていますよね!
時間のある夏休みに何をしようか考えてる人もいるのではないでしょうか?
せっかくの夏休みだからなんとなく過ごしてはもったいない!
そうならないためには「手帳使い」がカギとなります。
今回は計画的に生活できる手帳の使い方を紹介します♪

上手な手帳の使い方① 色分けをして見やすい手帳に

計画的な生活を送るためには、見やすい手帳作りをすることが大切です。
全て同じ色で予定を書いていたら、見えづらいし見落としなどもでてきそうですよね?

学校、遊び、バイトの予定などを色分けして記入しましょう!
色の使いすぎは分かりづらくなるので逆効果。3色くらいが丁度良いでしょう♡

文字のサイズや書き方も統一されたらベストです!
見やすい手帳は頭の整理もしてくれます。
夏休みは特に予定が多くなるのでおすすめです☆

上手な手帳の使い方② プリクラを貼って思い出を振り返ろう

手帳に可愛いシールや切り抜きを貼ってデコレーションしてる人も中にはいると思います。
しかし装飾のしすぎは手帳を見えづらくしてしまい、予定の整理ができなくなってしまいます。

デコレーションをするなら、その日に撮ったプリクラを1.2枚貼る程度にしておきましょう☆
プリクラは思い出を振り返りやすいので手帳を見ていても楽しくなれますね♪

プリクラはなかなか使い道がなくて困る人も多いと思いますが、手帳に貼れば解決です♡

上手な手帳の使い方③ 楽しかった日にシールを貼る

②でデコレーションのしすぎは良くない!と書いたばかりですが、貼ってラッキーになれるシールもあります。

楽しかった日の日付のところにシールを貼ってみてください。
その月がどれだけ充実していたかが一目で分かるはずです♡
「今月は◯回も楽しいことがあった!」と振り返るのが楽しくなります!

おすすめは小さめのシンプルなシール。
夏休みは楽しい思い出をたくさん作って手帳をシールで埋めちゃいましょう!

上手な手帳の使い方④ メモ欄にやりたいこと・やるべきことをメモ

手帳にはカレンダーの下部分や後ろのページにメモ欄がありますよね?
書くことが分からなくてあまり活用できてない人もいるのではないでしょうか。

夏休みは人生の中でも自由な時間がたっぷりある時期。
やりたいことややるべきことを達成するにはピッタリです!
メモ欄にやりたいこと・やるべきことを挙げてみて、実行の計画に役立ててください。

目標は文字に表すと明確化されます☆
夏休みをふわっと過ごしたくないなと思っている人はすぐ試してみて!
習慣化すれば時間の無駄のない生活を送れるはずです。

いかがでしたか?
手帳の活用方法で有意義な夏休みを送るか送れないかが左右されます!
なんとなく人生を送っているな〜と思う人は、手帳を使って計画的に生活してみて♡