男を幸せにする♡アゲマン女子の心得とは?

LOVE

ダメ男製造機と呼ばれる女性がいる傍らで、彼の魅力を高めるアゲマンもいます。
彼女たちが実践してる付き合い方と、その心得を知って、最高の彼でいてもらいましょう。

アゲマン女子の心得①自分のダメなところを彼に埋めてもらおうとしない

自分のダメなところを相手に埋めてもらおうとしてはいけません。
もっと簡単に言うと、彼に甘えすぎないことです。

良いことも悪いことも受け止めてくれる彼に対して、たくさん守られ、たくさん満たされていきます。
でも、自分のダメなところを全部彼に埋めてもらっていると、だんだん彼が消耗していきます。

彼のキラキラが、あなたによってマイナスされ、輝きを失っていくのです。

愛情はもっと相乗効果で、眩しいものになりえるもの。

だから、自分のダメなところは自分でしっかり見つめて、向き合いましょう。
そこで支えてくれるのが彼の愛であって、愛で埋めるものではないのです。

アゲマン女子の心得②彼と一緒になって落ち込まない

物事がうまくいかなかったり、人生で悩んだり、落ち込むことは避けて通れません。
彼が落ち込んでいる時、あなたならどうしますか?

そこで、一緒になって落ちていてはいけないのです。
あなたはあなたのまま、「そこ」にいること。
彼が立ち上がる先として、また彼が頼る場所として、存在していなければなりません。

突き放すのとは、わけが違います。誰よりも側にいてあげましょう。
パートナーとして、病んでいる時も向き合っていくことは必須です。

アゲマン女子の心得③召使いに成り下がらない

相手のためにいろいろしてあげたい気持ちはわかりますが、召使いのようにあれやこれやとしすぎないことが大切です。

それでは、ただの奴隷で彼の都合の良い女になるばかり。
彼はどんどん鼻が高く偉そうに、亭主関白ぶってわがまま大魔王になってしまいます。

飲み物ひとつをとってもそう。
自分に余裕がある中で、彼が一生懸命何かをしているのをサポートすることは素晴らしいことです。
しかし、あなたがやることをやっているときに、彼が自分で出来るにもかかわらず面倒がって「お茶」と言われても、用意しないこと。

自分のことは自分で、が基本です。

アゲマン女子の心得④不安になりすぎない

良くも悪くも、自信を持っていましょう。

浮気、女遊び、嫌われる、などなど心配いはたくさんありますが、ドーンと構えていられる女でいるのが正解。

「浮気するなら私より可愛い子ね」と言えるくらいでいましょう。
一緒に「あの子可愛い」と言えるくらいが理想ですね。

束縛をすればするほど、男はかいくぐって逃げます。

そして、これをしたら嫌われる、と怯えすぎないこと。
これで多いのは、自分が我慢をしすぎて疲れてしまうパターンです。
常識的に悪いことをしていないなら、きちんと素直に伝えることが良い恋愛をする上では欠かせません。

関係がねじれることを不安になるなら、不必要なことに不安がってはいられないのです。

アゲマン女子の共通点は「自分が自分であること」。
良い男でいてもらうためには、女子も大人になる必要があるということです。
これらのことをひとつでもしているなら、すぐにやめてダメ男化にストップをかけましょう。