朝が辛くて起きれない!目覚めの良い朝を迎える方法☆

LIFESTYLE

皆さんは朝に強いですか?朝、目覚めが悪い方って意外と多いんですよね。
その悩み、日常のちょっとした行動を変えるだけで、解決できちゃうこともあったんです♡

目覚めの良い朝を迎える方法①☆『まずこれはやめよう!寝る直前までスマホ』

ベッドで寝転がりながらスマホ…

よくやってしまいますよね~。しかし、これは完全に睡眠には良くありません。

なぜなら、人間が健康的な生活を送ることができるのは「メラトニン」というホルモンのおかげ。
ですがこのメラトニン、スマホやテレビ、パソコンなどの光を夜に浴びてしまうと、分泌量が抑制されてしまうのです。

そのため良い睡眠をとることが難しくなってしまいます。

また、目にも負担をかけてしまうので尚更良くありません。良い睡眠をとりたいならまず、寝る直前までスマホを触るのはやめましょう。せめて寝る1時間前には意識したいものです。

目覚めの良い朝を迎える方法②☆リラックスメロディーズを使って癒しの音楽を

私がよく使っている快眠アプリがこれ。【リラックスメロディーズ】。

世の中にはたくさんの快眠アプリがありますが、このアプリが他と少し違うのは、様々な音を組み合わせられること!
しかもその種類が豊富でとても魅力的なんです。

たとえば、
川、海、雨、オルゴールなどオーソドックスなものはもちろん、木星(!?)、僧侶の経、掃除機、都市の雰囲気、禅など、なんだかちょっと変わっていて思わず聞きたくなる音まで様々。

必ず自分の気に入った音が見つかりますよ♪

目覚めの良い朝を迎える方法③☆寝る前に日記を書く

最初にあげたスマホをやめる時間の間は、ぜひ日記を書きましょう。

今日一日を振り返り、ゆっくり考えながら書く時間は、思ったよりリラックスできることに気付きます。

日記を書くのはめんどくさい!という方は、今日あったいいことだけを書くのがおすすめ。

いい気分のまま寝ることができるので、明日への活力にもなります。

目覚めの良い朝を迎える方法④☆朝目覚めたらカーテンを開け、思いっきり伸びをする!

人間は目覚めたときに太陽の光を浴びると、セロトニンというホルモンが分泌され朝だと認識し、体内時計が調整されます。

このことが目覚めを良くし、また夜に良い睡眠をとることに繋がるのです。

そして、それでも寝起きが辛い人は、目が覚めたら思いっきり伸びをするのがおすすめ。
うつぶせになって足を正座のようにたたみ、腕を思いっきり伸ばすと気持ちが良いですよ。

いかがでしたか?
朝を気持ちよく迎えられると、一日の始まりとしてとても嬉しいですよね。
良い睡眠がとれていないなーという時は、ぜひ試してみて下さい。