こっそり気になるいびきを改善する方法

BEAUTY

あなたは寝ている時に自分がいびきをかいていないか、心配になりませんか?♡
実は普段いびきを書かない方でも疲れていると、いびきをかいてしまったり……。
大好きな彼の隣でかいてたらどうしよう!と悩む前に、いびきを改善する方法をご紹介します。

大川由梨
大川由梨
2015.11.27

いびきを改善する方法♪① グッズを使えば楽々、体質から変えられる!

出典:www.amazon.co.jp

いびきをかく原因に寝ている時に、「口呼吸していること」が挙げられます。
寝る時に口を閉じていても、深く眠りこむうちに段々口が開いてきて、口呼吸になってしまいます……。
体にも負担がかかると言われている口呼吸は、グッズで改善しちゃいましょう♪

そこでおすすめなグッズが、鼻呼吸を促す、口を閉じるテープ「セレブリーズ」。
口にピタッと貼って寝るだけなのですが、続けて使っているうちに鼻呼吸にシフトチェンジすることができます♡

また口呼吸していると秋冬は喉がカラカラになり、風邪をひきやすくなります。
いびきに悩んでいなくても、自分は口呼吸しているな〜と感じる人は試してみてね♪

セレブリーズ(Celebreeze)鼻呼吸口止めテープ

¥680

販売サイトをチェック

いびきを改善する方法♪② 寝る時は横向きで!

横向きで寝るだけでも実は、いびきには効果ありなんです♡

人は上を向いて寝ると、喉の気道が圧迫され、いびきをかきやすくなります。
また仰向けで寝ている時に、胸の上に手を置いて寝てしまうと、肺が圧迫されて呼吸が浅くなります。
これもいびきをかいてしまう原因に……。

また鼻づまりに悩んでいて眠れない人も、横向きや下向きで寝るようにすると改善されます。
いびきを改善するには喉や口元、鼻を意識するだけじゃなく、腕の位置やポージングも大事なんです♪

いびきを改善する方法♪③ お酒を飲まない!

好きな彼とお泊まりデートの時、いびきが気になる方はお酒を飲み過ぎないのが◎

アルコールには、筋肉を緩める働きがあります。
その働きによって舌や咽頭の筋肉が緩むと、気道が狭くなってしまい、いびきをかいてしまいます。
いびきをかく原因は気道の詰まりにあるので、アルコールを大量に飲むのは避けた方がいいでしょう。

また、寝る直前にお酒を止めるだけでも効果あり。
お酒を飲んでしまった後は、のるべくお水を飲んだり、温かいお茶を飲んだり改善を心がけましょう♪

いびきを改善する方法♪④ 口元の筋肉を鍛えよう!

口呼吸してしまうのは、口の周りの筋肉にも原因があります。
そこで口元の筋肉を鍛えるトレーニングをご紹介します♪

①「あー」と言いながら、口を大きく縦に開きます。
②「いー」と言いながら、今度は口を大きく横に開きます。
③「うー」と言いながら、唇を強く前に突き出します。
④「べー」っと舌を出します。この時、できる限り舌を下方向へ伸ばします。
⑤ ①〜④までを1セットで、1日に30~60セットやります。30セットでも2,3分ほどです♪

このトレーニングは舌の筋肉も鍛えてくれるので、顎がたるんでいる人にも効果的です♡

最近は自分の寝ている間の寝息や、いびきを録音してくれるアプリも登場しています♡
あなたも是非いびきをかいていないかチェックしてみましょう。
また恋人や家族のいびきに悩まされている方は、この方法を教えてあげるといいかも♪

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。