「ロアキュタン」飲む薬って副作用が怖い。大丈夫なの?

いざニキビ治療を始めてみようと思っても、怖いのは副作用。
強い薬と言われれば、余計に気になってしまうものだと思います。
ニキビ治療で病院に行く前に、使用されることの多い薬「ロアキュタン」の副作用について、少し知っておきましょう。

この記事の監修

湘南美容外科 那覇院 院長 Dr. 横山 侑祐

ニキビ治療に効く薬ロアキュタン、その副作用は?

ロアキュタンはニキビに効きますが、効果が強いことも。
そういわれると、少し怖い気もしますよね。ニキビをなくせるのなら使ってみたいけれど、日本では許可されていないって大丈夫なの?と、余計に恐怖心が増してしまったりします。

ロアキュタンは日本では馴染みが薄いものの、世界各国でのニキビ治療に用いられているのも事実です。

病院によっては血液検査をしてからの処方になりますし、しっかり医師の診断を受け、指示を守っていればニキビ治療にはとても有効な薬剤だと思います。
コントロールのきかなくなった厄介なニキビ、思い切って退治しませんか?

ただ副作用についても、知っておいて損ということはないと思うので、ご紹介いたします。

ニキビ治療薬、ロアキュタンの副作用や危険性

ロアキュタンの成分「イソトレチノン」は、ニキビ治療にも効果はありますが、危険性もあります。

1.妊娠中に服用すると奇形児が生まれるリスクが高くなります。妊娠前、治療終了後6ヶ月、授乳中は服用不可です。
2.成長を阻害する可能性があるため、成長期の服用はできません。
3.肝疾患がある場合、使用不可です。
4.精神疾患がある方は、治療が難しいです。
5.他の病気や、服用中の薬によっては治療できません。
6.治療中はビタミンA含有のサプリメントの摂取は控えてください。

さらに、治療中には血液検査が必要です。

ロアキュタンは怖い薬ってほんと?実際の副作用は?

治療中、よく起こるのは皮膚や粘膜部分の乾燥です。
特に唇やドライアイなどは、よく発生する副作用のようです。
他にも口がとても渇くと言った症状も。保湿などしてケアを心がけましょう。

さらに紫外線に抵抗する力が弱くなり、肌が刺激に弱くなってしまいます。
なかには気力低下や、軽いうつをまねいてしまうこともあるので、うつ気質の人は服用できません。

酷い副作用としては、頭痛、吐き気、下痢、睡眠障害や視力低下などが起こることもあります。

強い薬ロアキュタン、副作用が酷くなる前に医師に相談を

もちろん、全ての人に副作用が起こるというわけではありません。

治療開始から1週間ほどで皮脂分泌が減少したように感じられ、その後ニキビの発生が少なくなっていくようです。
それとともに、皮脂の乾燥などの副作用が現れることもあるみたいです。

人によっては夜盲症(やもうしょう)になることもあるので、夜の運転には気をつけましょう。
うつ病や、うつ気質の方は症状が悪化してしまうこともあります。カウンセリング時には、しっかりと自分の状況を報告してくださいね。
ロアキュタンには副作用があるといいますが、全ての人に出るわけではありません。
多かれ少なかれ、薬には副作用がつきもののような気もします。
ただ重症化しては大変なので、少しでもおかしいと感じたらすぐに医師に相談しましょう!

【関連記事】しつこいニキビに。「ロアキュタン」の効果とは?

海外ではニキビ治療に必要不可欠と言われているロアキュタン。試してみたいけれど、本当に効...

ロアキュタン 副作用 ニキビ

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

藤堂つばさ

天体観測が大好きで、月のクレーターを撮影するのが趣味です。

>もっとみる