しっかり休めていますか?びっくりするほど眠りの質を高める方法

LIFESTYLE

ちゃんと寝ているはずなのに、なかなか疲れが取れない、日中に眠気が襲ってきてしまうことって多いですよね。
それ、眠りの質が悪いことが原因かも!!
そこで今回は、眠りの質を上げる4つの方法を紹介していきます♪

眠りの質を高める方法①眠る1時間前までに入浴を済ませる

人間の体は寝ている時に体温が下がっているんだとか。

眠りにつくときに体温が下がっていくことで、うまく眠りにつくことができ、質の良い眠りにつくことができるんです。

ですので、布団に入るのは入浴を済ませたあとすぐの体温が上がっている状態でもなく、時間がたって湯冷めしてしまった状態でもない、一時間ほどたって体温が下がってくる状態がベスト♡

ゆっくりとお風呂に浸かって体を温めた状態で、「体温が下がってきたかな〜」と思ってきた時に布団に入ってみてください。ぐっすりと眠ることができますよ♪

眠りの質を高める方法②寝る前にスマホを見ない

眠りにつく前、布団に横たわってスマートフォンを見るのが習慣になっている人って多いですよね。

しかし、PCやスマートフォンの画面の光は、脳を刺激してしまうので、なかなか眠ることもできなくなり、睡眠の質も低下してしまうんです!!

習慣になってしまっている人には難しいことかもしれませんが、寝るときはスマホは傍に置かず、寝ることだけに集中しましょう♡

眠りの質を高める方法③悩み事を考えないようにする

寝る前って頭の中でいろいろ考え事をしてしまったり、悩み事で思いつめてしまうことってありますよね。

そうすることでなかなか眠りにつくことができなくなってしまったり、そのことが夢に出てきてうなされてしまったりと、質の良い睡眠をとることが出来なくなってしまうんです。

だけど考え事や悩み事を考えるなと言っても難しいですよね。

そんな時は、周りの友達や家族に相談してみたり、紙に書き出してみるのがおすすめ!
できるだけ自分への負担を軽くすることで睡眠の質が向上していきますよ♪

眠りの質を高める方法④寝室の環境を整える

質の良い眠りにつくためには寝室の環境を整えておくことが大切になります。

たとえば外の騒音をシャットアウトできることや、空調設備が整っていること、照明が調節できることなどが挙げられます。

今の季節なら、節電といってエアコンを消してしまうのではなく、おやすみモードなどに設定して眠りにつくことが大切ですよ!

また、寝具も自分に合ったもの選ぶことがポイント!

「枕を変えただけでぐっすり眠れるようになった!」という人もいるので、寝具が自分に合っているかをもう一度見直してみてくださいね♪

いかがでしたか?寝ても寝ても疲れが取れない、という人は以上の4つを是非ためしてみてくださいね♪
睡眠の質を高めることで、元気に一日を過ごすことができて、以前よりも毎日の活動がいきいきとしたものになること間違いなし♡