30歳になった時に差がつく!20代のうちに身につけたいスキルと生活習慣

LOVE

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第111弾】

とびきり美しい30代を迎えたいと思ったのなら、自分を磨き続ける生活習慣をもっていることが鍵となります。

「20代のうちに身につけたいスキルと生活習慣」をリストアップしましたので、みなさまの生活の質の向上に、ぜひ役立ててみてください!

1. どんな人でも会話を合わせられる能力

私は仕事を通して多くの方々の悩み相談に乗ってきた経験がありますが、どのポジションにいる人でも共通した悩みがありました。企業の経営者でも、サラリーマンでも、主婦の方でも、恋愛に夢中になっている女子でさえ、同じ悩みがあります。その悩みとは「人間関係」についてです。

人間関係に苦労したことのない人はいないはずです。誰もがぶち当たる壁で逃げようとしても逃げられないものが人間関係、、、ですから、どんな人でも話を合わせられて、どんな相手であっても気持ち良くさせるような会話ができる自分になっておくといいでしょうね。理由は、それが出来る人のほうが、あらゆる面で得をするからです。

例えば、自分が上司や先輩という立場になった時には、人はなかなか言うことを聞いてくれないと思うかもしれません。その原因はなんだと思いますか?実は相手が理解できるように自分が言っていないだけなのです。相手の欲求や大切にしたい世界観を理解しきれずに自分の言いたいことだけを言ってしまうから起きる現象なんです。相手を理解できたらスムーズにコミュニケーションが取れるようになれます。どれだけラクになるでしょうか(^^)

例えば、もしも、仕事で関わるお客さんに対して得意や苦手という色眼鏡でみることをせず、どんな人でも会話を弾ませるように自分をコントロールしてもっていけば、お客さんはファンになってくれます。毎日続ければ、また自分にお金を運んでくれる人がどんどん増えていきます。

それが出来る人生と出来ない人生には「差」があると思いませんか??

2.セルフコーチング

成功している人には、自己分析がうまくて自分のことをよく知っているという共通点があります。自分のやりたいこと、やりたくないことをはっきりさせる作業を、自分との日々の会話で行なっているため、今自分に何が必要なのか?何が欲しいのか?を口にすることも求めることも出来るのです。特に忙しさや周囲に振り回されてしまったり、1人の時間がなかなか持てない時には、頭の中が整理できていないことが多いのでは?

そんな時には、敢えて1人になる時間を確保して「今の課題」や「今後やりたいこと」について紙に書き出してみるのがおすすめです。書きながら客観的な視点で自分をみることが可能だからです。

3.毎日鏡を見る習慣

毎日のボディチェックで全身鏡をみる習慣があれば、どこが太ったのか、どこを綺麗にしたほうがいいのか、どこを修正したらいいのか、見た目の管理をしやすいですね!

体型作りと体力作りの習慣を持っている人の活躍が目立つのは、オトナになってからです。歳とともに同級生たちは体力が落ちて体型が崩れていきますけど、自分だけはスタイルがキープできていてエネルギッシュに動けるって状態をつくれるのはボディチェックが習慣化されている人たちだけです。

ほかにおすすめは、厳しい意見をしっかり言ってくれる男友達を持つこと。「肌荒れたね」「太った?」「その見た目はやばいと思う」など言ってくれる人が常に近くにいて、美意識が高い男友達の基準に自分を合わせて素直に言うことを取り入れていれば、外見を磨かなきゃ!とスイッチが入るようになります。

4.自分の想いを言葉にして伝える力

「言語化能力」も持っていると間違いなく役に立つスキルです。特に女性は自分の想いや伝えたいことを、言葉にするのがニガテという方が多いんですよね。

「何言ってるのかわからない」と他人から言われることはありませんか?10代20代で「何言ってるのかわからない」というのはまだ若さがカバーしているのでキャラとして可愛げがあるんですけど、30代40代で「何言ってるかわからない」となると、イタイって言われやすいと思います。

たとえば、30代40代であなたが上司の立場になったとします。部下に対して注意したいときに「何言ってるかわからない」となると、部下からしてみれば混乱しますし、尊敬のとして見てもらえません。もしもそこで言葉で相手を説得できれば、すんなりと受け入れてもらえるでしょう。

自分の想いがなかなか伝えられないのなら、言葉と表現の研究をするといいと思います。「この場合、どんな風に言ったら伝わるのだろう?? 」と伝え方を考え続けることを習慣化してしまうのです。その習慣が、3年、5年、10年も続けば、圧倒的な「差」になります。

↓斎藤美海さんの人気恋愛コラムはこちら!

【関連記事】 もう既読スルーなんて怖くない!誰でも簡単に最強メンタルを手に入れる方法

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第28弾】
好きな人とのLINEのやり取りが相手の既読スルーによって途切れてしまった……なんて経験はありませんか??
心配性の女子ほど「既読スルー」で落ち込み、傷つきやすいものです。裏を返せば、それだけピュアに彼のことを好きになっている証拠なんですけどね〜\(^o^)/

実は、すごくウザいことをやっちゃうとか、重いことを言ってしまうではない限り、男性が既読スルーをする理由なんて大した意味はないというケースがほとんどです。「ゴメン。他のことに熱中していて返すの忘れてた!」が多いのではないでしょうか?ですから、一番の対策は、「気にしないこと」です。少し時間を置いて軽めの内容をまた送ればいいだけです。

「でも、頭ではわかってるけど、やっぱ気になっちゃう!!どうしたらいいんだろう?」と女性が思うとするならば、そう思ってしまう「不安」「孤独」「恐怖」で出来上がっているメンタルを変えていきましょう^ ^
「わくわく」「ハッピー」「彼のこと大好き〜♡」の最強メンタル状態でいつもいられたら、どうでしょうか??

今回は「誰でも簡単に最強メンタルを手に入れる方法」を4つ、ご紹介します。アナタに合いそうな方法をぜひ選択してみてください^ ^♡♡

【関連記事】 カラダからはじまった彼を好きにさせる方法

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第24弾】
世の中に溢れている恋愛本や女性誌の特集を読むと、必ずといっていいほど、「カラダの関係を持つのは付き合ってから!」「結婚したいと思ったらなるべくカラダの関係は遅らせる」と書いてあります。確かにそれは、恋愛初心者が誰でも成功しやすいお付き合いの方法かもしれません。

しかし、男女の関係はそれだけが全てではありません。例外がたくさんあります。特に大人になってくると、出会って間もない相手と盛り上がった勢いではじまる恋愛があったりもします。

カラダからはじまった彼のことがもっと好きになってしまった場合、恋愛本を参考にしすぎていると頭で考えてステップを踏むことに忠実になってしまい、臨機応変にその場の状況に対応できなくなってしまう危険性があるのです。。

では、どうしたらいいのでしょうか??

それが、「私、この人が好き!この人がいい!」と思った彼を自分がいなくなったら困るという中毒状態にさせることです。そうなってしまえば、どんなスタートを切ろうと自分が望む関係性になっていきます。
少し時間はかかるかもしれませんが、付き合うことも結婚することもラクにできます。だって、彼の人生の必需品にアナタがなっていくということですから…。

今日は、「カラダからはじまった彼」を好きにさせていく方法について詳しく書いていきます。

【関連記事】 絶対に失敗しない結婚相手の選び方

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第32弾】
私達の親や親戚世代のオトナ達は「結婚して出産しなさい」ということだけは頻繁に教えてくれますが「結婚相手選びを失敗しないためにはどうしたらいいのか」という、具体的なアドバイスをくれる人は稀です。

「結婚、ミスった( ; ; )」と口にはしなくても内心では思っている既婚者の方々は世の中にいっぱいいると思います。そのなかでも本当に離婚に踏み出すのは、自分に嘘をつきたくない、もう一度人生やり直そうというパワーがある僅かな人達です。
それ以外は、世間体を気にして仮面夫婦になったり子供がいるからという理由や経済的な事情により我慢を続けて離婚できていないケースも本当に多いと思います。

今回ご紹介するのは、女性が〇〇歳で結婚したい!という年齢になる数年前から「ある4つのステップ」を意識的に踏むことで失敗しない結婚にたどり着く方法です。
はじめにお伝えしておきますが、こちらは斬新かつ非常識な方法といえます。実際に使うかどうかはみなさんに判断を委ねます。ですが「結婚、ミスった」という想いを何十年間も抱えて生きるよりは随分と良い人生が送れるだろうと思ったので、ここに書くことにしました!