サングラスフレームの"種類"と似合う"顔型"を徹底検証!《フレーム編》

FASHION

眩しさや紫外線対策として手放せないサングラス。ファッションアイテムとしても必需品♡
でも、メガネほどなじみのないサングラスって、似合うものを選ぶのがなかなか難しい!
どんな形のサングラスがあなたの顔型に似合うのでしょうか?サングラスの種類には大きく分けて4つあります! 

オーバル

出典:www.chanel.com

"オーバル"はクセの無いデザインで、ヘアスタイルや顔立ちを選ばず着ける事が出来るサングラスです!
老若男女問わず、セレブや芸能人の間でも最も人気なデザインです!服装やシーン等でも幅広い活躍をみせるサングラスの中でも、最もポピュラーな形状です。

顔の印象をやわらかくしてくれるので、エラが気になる四角顔の人に特にオススメ。丸顔の人がつけると、顔の丸みが強調される危険性があります。

掘りが深くなく、顔の印象が薄い日本人には、最もオススメなデザインです!

ウエリントン型

出典:sunglasses.kss-j.com

1950年代に大ヒットしたウエリントン型のサングラスが、ここ数年また人気が復活中!
韓流スターがRay-Banのサングラスをしていて、ファンの間で人気が沸騰し、男女問わず若者に今大人気!

ほりが浅い日本人との相性の良く、四角型のフレームで、顔をキリッとシャープに引き締めてみせてくれるので、丸顔の人や逆三角型などにオススメ!

主張しすぎないデザインで、フォーマルな場でもカジュアルな場でも使えるのが特徴。
童顔の顔を大人っぽくみせたり、顔の印象が薄い人の、顔のインパクトを強くする効果も期待できます♪面長の人には、顔をさらに長く見せてしまうのでNG

ティアドロップ

出典:thumbnail.image.rakuten.co.jp

ティアドロップは、映画「トップ・ガン」にてトム・クルーズが着用したことで世界中で人気となった形!パイロットのサングラスの定番型です。

本物志向の硬派なイメージと、流行に左右されない完成されたレトロ感のあるデザイン。もともと実用性を重視して作られているので、服装に左右されにくいデザインです!

ナス型、涙のしずく型の大きいフレームで表情が隠れ、セクシーな印象に♪面長の人がつけると顔の長さがカバーされ、バランスがいいです♡

ただし、逆三角顔、四角顔の人がつけるとフレームだけが悪目立ちしたり、顔型をよけいに強調してしまうので要注意!!

バタフライ/ビッグフレーム

出典:www.moshimo.com

レンズが両サイドに向けて広がって行く形状で、蝶が羽根を広げた姿に似ているという事でバタフライ型と名付けられたサングラスです。

最近のトレンドでもあり、有名人などがよくつけているデザイン!一般的なサングラスよりも少し大きく、デザインが豊富なレンズとフロント部分に加え、インパクトの強い装飾をしていて、新作は毎シーズン、ブランドごとに様々な意匠が凝らされています!

フレームが大きいので顔の大部分が隠せるので、抜群の小顔効果♪
ティアドロップタイプと同じ効果で、面長の顔型と逆三角顔に好相性♡四角顔の人は、顔型を強調してしまうのでNGですよ。

自分の顔型に合ったサングラスを選ぶことで、更にワンランク上のおしゃれさんになりましょう!
海外セレブのようにおしゃれなサングラスを見つけちゃいましょう♡♡

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。