クリニックに通って正しいダイエットを♡お悩み別ダイエットコース

BEAUTY

今話題となっているダイエット外来。
「実は気になっていた」というあなたのために、ダイエット外来がどういうものでどんなコースがあるのか、気になる情報をご紹介します。

「挫折」「リバウンド」のない方法?ダイエット外来のコースをご紹介

「ダイエット自体のストレスに他のストレスが加わって、耐えられず挫折してしまった」「ダイエットに成功した気の緩みからリバウンドしてしまった」
そんなダイエットの失敗話は、世の中には溢れていますよね。

「遺伝はまったく関係ないの?」とお悩みの方もいるかもしれません。
その考えは、あながち間違いではありません。
太る因子を持つ遺伝子=肥満遺伝子というものがあり、人それぞれでタイプは違っており、ダイエット方法も大きく変わってきます。

多くの人のダイエット失敗の原因は、自分の肥満遺伝子のタイプを知らなかったことにあったのです。

ダイエット外来のコースをご紹介!まずは自分のタイプを把握しよう

ダイエット外来は、まず「遺伝子検査」をすることから始まります。

自分自身の肥満遺伝子のタイプを正しく知ることで、どのような食事が太りやすいのか、また逆に太りにくいのかを知ることができるのです。

その上で適度な運動もしながら、余分な脂肪を溶解する注射や過大な筋肉を小さくするボツリヌストキシンの注射を使ったり、ホルモンバランスを整えるためにプラセンタなどを摂取したりします。

そして減量後も、リバウンドのリスクが極めて低いダイエットを実現できるのがダイエット外来なのです。

ダイエット外来のコースをご紹介!自分の目的に合わせてコースを選べます

例えば、エステなどでダイエットしようと思った場合には、特に体のどの部分を重点的にスリムにしたいのかという、目的に合わせてコースを選択できますよね。

実はダイエット外来も同様に、自分の目的でコースを選ぶことができます。
例として、湘南美容外科のコースをご紹介しておきましょう。

まずは自分の気になる部分に重点的にアプローチするコースで、「腹・ウエストコース」「下半身スッキリコース」「二の腕コース」「太ももコース」といったコースがあります。

さらに、食べられないストレスを抑えることに重点を置いた「食事療法」のコース。
脂肪溶解注射を使用しながら、食事療法と糖質吸収抑制剤の服用を併用していく「楽やせダイエットコース」というコースもあります。

ダイエット外来のコースをご紹介!楽だからと言っても、油断・甘えは禁物です。

いくらダイエット外来はストレスが少なくて効果的だからといっても、自分自身も「ダイエットを成功させるぞ!」という強い意志を持つことが大切です。

食事療法のメニューを量も含めてストイックに守る努力や、無理のない程度の運動は心がけなくては、せっかくのダイエット外来も効果が低くなってしまいます。

また、ダイエット外来はリバウンドしにくいからといって、自分の食べたいものを食べたいだけ食べてしまうのもNG。
せっかく教えていただいた自分の肥満遺伝子を把握した上での食生活を継続しましょう。

ダイエット外来やコースについてご紹介しました。
自分は意思が強く自己管理もしっかりできる、運動も苦にならないという方は、まずは「遺伝子検査」だけでも行ってみるのが良いのではないでしょうか。