アナと雪の女王 主題歌が耳から離れない!4人の歌い手による「Let it Go」

LIFESTYLE

「ありのままで〜♪」とついつい口ずさんでしまう、ディズニーの最新作「アナと雪の女王」の主題歌。
色んな人が歌っているのも話題です。女性有名人4人による「Let it Go」を特集。
どの人の「Let it Go」が好きか聞き比べてみて★

レキシー・ウォーカー

イギリスでシンガーとして活躍しているアレックス・ボイエ(Alex Boye)が、11歳の歌姫レキシー・ウォーカー(Lexi Walker)ちゃんと共に歌った「Let It Go」。
小学生とは思えない歌いっぷりに注目!

キム・ヨナ

“フィギュア女王”キム・ヨナによる「Let it Go」。
スケートリンクで真っ白なワンピースを着て舞っている映像はまさに氷の女王!
流れてくる子供たちの歌声とキム・ヨナの透明感のある歌声に釘付けに★

松たか子

日本語吹き替え版で、雪の女王・エルサの声を担当している松たか子が歌う劇中歌『Let it go』。
日本語の伸びやかさが国内のみならず海外のファンにも強烈なインパクトを与え大反響!
女優業だけでなく歌手としても精力的に活動している松たか子さんだから好評価も納得ですね。

デミ・ロヴァート

アメリカ合衆国の女優、歌手、アイドルのデミによる「Let it Go」。
非常に高い歌唱力の持ち主で、2ndアルバムで作曲にかかわったジョン・メイヤーも彼女を一目置いているほどの実力。
日本語verとは違った大迫力です!

どれも共通して元気が出て前向きになれる曲ですね。
同じ歌でも、歌い手によって印象が変わってくるから不思議!