丸ごと食べられるのが嬉しい♡簡単おいしい「アスパラガス」レシピ

GOURMET

アスパラガスは、色合いも歯ごたえも春を感じる季節の食材ですよね。
栄養も満点で、体にいい成分がたくさん含まれています。
今回は、アスパラガスを使った絶品レシピをご紹介します♪

美味しいヘルシーアスパラガス♪おすすめレシピをチェック!

アスパラガスは、ユリ科の野菜で春から初夏にかけて旬になる食材です。
日本古来の野菜ではなく、ヨーロッパから伝わったといわれています。

その栄養素は、女性が喜ぶものばかり。
「美肌にも疲労回復にも良い」といわれているビタミンがたくさん含まれています。

アスパラガスは穂先から茎まで栄養満点!
料理の方法を工夫して、無駄なく丸ごと食べたい食材です。

アスパラガスを使ったレシピ①甘じょっぱい肉巻き

出典:www.recipe-blog.jp

肉巻き野菜も旬のアスパラガスで作っちゃいましょう。

茎が固ければ、レンジでチンをしてから茹でるとタレが染み込みます。
豚バラと醤油、砂糖の相性は抜群ですね♪

冷めても美味しいのでお弁当に入れるのもいいでしょう。

アスパラガスを斜めに切ると見た目もよし♡
味の染み込みもよく美味しくできます。白米やおにぎりと一緒にパクリと食べたいですね。

レシピはこちら♪

アスパラガスを使ったレシピ②パリパリアスパラガス

出典:www.recipe-blog.jp

おつまみに最適なアスパラガスといえば、パリパリ揚げでしょう♪
春巻きの皮でくるくる、あとは揚げ焼きするだけ。

サクサクパリっとした食感がたまらないレシピで、塩胡椒でも醤油マヨでもおすすめです。
ビールがどんどん進んじゃう一品ですね。

スパイシーにするなら胡椒を多めに振ってみましょう。
アスパラガスのジューシーさと皮の香ばしさがたまらないですね。

レシピはこちら♪

アスパラガスを使ったレシピ③トマトとアスパラガスのマリネ

出典:www.recipe-blog.jp

小ぶりのアスパラガスならマリネがおすすめです。さっと茹でて、トマトや玉ねぎとマリネにすると美味しいですよ。

オリーブオイルと塩胡椒でマリネをしたら冷蔵庫で冷やしましょう♪味が染み込んで落ち着きます。

パーティーの直前にテーブルに出すとひんやりさっぱりの前菜が食べられますね。
白ワインにぜひ合わせた春のパーティーにぴったりのレシピです。

レシピはこちら♪

アスパラガスを使ったレシピ④トマトとアスパラガスの卵炒め

出典:www.recipe-blog.jp

こちらのレシピは、卵のふんわりとした食感と甘み、トマトの酸味、アスパラガスの歯ごたえなどいろいろな楽しみ方ができる一品です。

アスパラガスは、ちょっぴり硬めに仕上げるのがポイントです。
白いご飯にも、バゲットにも、和洋どちらも合うレシピです。

お醤油をちょっぴりたらすと、香りがふわっと広がって、食欲がますます刺激されますよ!

レシピはこちら♪

アスパラガスを使ったレシピ⑤エビとアスパラガスのクリームパスタ

出典:www.recipe-blog.jp

エビのピンクとアスパラガスの緑、春から初夏を感じる爽やかパスタはいかがでしょう。
クリームパスタと黒胡椒が最高に合いますよ!

パスタを上手く盛り付けるのも美味しさの秘訣♡
アスパラガスを高く盛るように添えることで、立体感が生まれて美味しさがより強調されるはずですよ♪

かき混ぜながらクリームと絡めて、春を存分に味わいましょう!

レシピはこちら♪

アスパラガスを使ったレシピ⑥アスパラガスのクリームチーズ和え

出典:www.recipe-blog.jp

クリームチーズとアスパラガスの和え物は、もう一品という時にぴったりです。
ワインと一緒ならオードブルや箸休めにもなっちゃいますね。

ブラックペッパーを混ぜても、くるみを砕いて入れても美味しいですよ。
さらにはちみつをたらすと、甘みと塩気が絶妙にマッチして、ワインがスイスイ進んでしまうおつまみに変身♡

パーティーでこちらのレシピを出したら、美味しさにびっくりされちゃいますよ!

レシピはこちら♪

アスパラガスを使ったレシピ⑦ツナマヨ和え

出典:www.recipe-blog.jp

ツナマヨは簡単すぎるのに美味しすぎる!おにぎりもぴったりな国民食といってもいいですね。

ツナマヨアレンジにアスパラガスを入れてみてはどうでしょう?
シャキシャキした歯ごたえと、こっくりしたツナマヨの味がよく合います。

ガーリック塩、醤油、ラー油などなど、味付けのバリエーションを増やすのもおすすめです。
気分に応じて、様々なレシピを楽しみましょう♪

レシピはこちら♪

アスパラガスのアレンジレシピ、いかがでしたか?
時にはオシャレに、時には簡単に♪アスパラガスは様々なシチュエーションで楽しめる食材なんですよ。
栄養も満点♪丸々一品を無駄なく調理してレシピの幅を広げましょう!