大人の肌も赤ちゃんのようなモチモチ感!ベビーパウダーの活用術

赤ちゃんの敏感なお肌を守るために使われることの多い「ベビーパウダー」。
大人でもお肌につける方が多いと思いますが、使い方はそれだけだと思っていませんか?
実は、ベビーパウダーは美容に敏感な大人女子に嬉しい活用術がいっぱいあるんです♡
お家に余っているベビーパウダーがある方は、必見ですよ!

赤ちゃんだけじゃない!ベビーパウダーのすごい力

あせもやおむつのかぶれなど、赤ちゃんの肌トラブルを守るために使われることの多いベビーパウダー。
お家にある方も多いのではないでしょうか?

ベビーパウダーは一回に使う量も少ないので、なかなか減らないこともありますよね。
使うことができるのは赤ちゃんだけじゃないんです!

国内で発売されているベビーパウダーなら、政府の安全基準を満たしているので大人もいろいろなことに活用することができます。
そこで今回は、大人も手放せなくなるベビーパウダーの活用術をご紹介♡

ベビーパウダーの活用術①洗顔料に混ぜて使う

ベビーパウダー小さじ1杯と、水を混ぜて練り状にしたものをいつもの洗顔フォームに混ぜて泡立ててみてください。

洗顔フォームの泡立ちは減りますが、洗ったあとのスッキリ感がたまりません♡
また、毛穴の汚れが気になる方にもおすすめです。

普通のスクラブでは摩擦が強すぎてお肌を傷付けてしまいがちですが、ベビーパウダーならお肌に優しいので、敏感肌の方も安心して使えますよ!

ベビーパウダーの活用術②ファンデーションの代わりに使う

洗顔だけでなく、普段のメイク中にもベビーパウダーを活用することができます。

それは、 NIVEA(ニベア)とベビーパウダーを混ぜて、ファンデーションとして使うこと!
お肌に優しく、自然なファンデーションに仕上げることができるんですよ♡

ファンデーションによるお肌への負担を軽減したいときや、ファンデーションがなくなってしまったときに使ってみてはいかがでしょうか。

ベビーパウダーの活用術③化粧崩れ防止として使う

メイクを仕上げたあとに、ベビーパウダーをササッとつければ、化粧崩れ防止にも役立ってくれます。

ベビーパウダーを使えば、化粧崩れだけでなくテカリを抑えて、サラサラな状態をキープしてくれますよ♡

これから汗をかく機会が多くなる夏場では、ベビーパウダーが欠かせなくなりそうですね。
使い終わったフェイスパウダーの容器に入れるなどして、持ち歩いてみてください。

ベビーパウダーの活用術④制汗剤の変わりに使う

ベビーパウダーは元々、発汗防止や肌荒れ用に作られたものなので、汗を吸収し制汗効果があるんです。

ですので、お出かけの前に首周りやワキにつけておくことがおすすめですよ♡
サラサラが持続するだけでなく、ベビーパウダーのいい香りが続きます。

お風呂あがりにもサラサラしたいときは使ってみて!

ベビーパウダーの活用術⑤パウダーシャンプーとして使う

熱が出たり、病気なのでお風呂に入れないときは、ベビーパウダーをシャンプー代わりにすることもできます。

ベビーパウダーを髪の毛の上からかけて、揉み込んだあとにブラッシングをするだけで頭皮の油などを吸収してサッパリさせてくれるんです。

また、ヘアセットでオイルやワックスを使いすぎて頭皮のベタつきやテカリが気になったときにもベビーパウダーは使えるので、頭皮に優しく馴染ませてみてくださいね♪

ベビーパウダーの活用術⑥フェイスパックとして使う

ベビーパウダーと牛乳を同じ分量で混ぜ、ドロドロになれば自家製のフェイスパックに大変身!

顔に優しく塗っていき、10分置いたらぬるま湯で優しく洗い流すだけです。
ワントーン明るくなったお肌を手にすることができますよ♡

ドロドロのパックといっても、垂れてしまう可能性があるので、お風呂に浸かりながらゆっくりベビーパウダーパックを楽しむことがおすすめです。
何役にもなってくれる万能なベビーパウダーの活用術を、ご紹介させていただきました。
この他にもワイシャツの黄ばみを防止したり、靴擦れ防止などにも役立ってくれるんですよ♡
気になったベビーパウダーの活用術、ぜひ試してみてください。

【関連記事】コスパ抜群のフェイスマスク8選♡毎日使って効率よく美肌をGET

手軽なスキンケアアイテムとして、多くの女性から愛されているフェイスマスク。週に1度のスペ...

ベビーパウダー 活用術

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

小湊 瑠衣

beautiful daysをあなたに♡

>もっとみる