元サッカー選手・中田英寿さんの名言から学ぶ人生のヒント☆

LIFESTYLE

ヒデの名で知られる元サッカー日本代表の有名選手、中田英寿さん。
海外で活躍した彼は、日本国内だけでなく海外にもたくさんのファンがいました。
今回はそんな彼の名言の紹介をしていきます♡

元サッカー選手・中田英寿さんの名言①「振り返ることは、評論家のすること。」

「振り返ることは、評論家のすること。」

常に前を向き、未来しか見なかった中田英寿選手の言葉。
確かに自分自身を振り返ったとしても、起こってしまったことは起こってしまったこと。
それを後悔するのに時間を使うのならば、どうすればもうそれが起きないかを考え、努力することが大事ということですね!

世界のトッププレイヤーだっただけあり言葉に重みがあります!

元サッカー選手・中田英寿さんの名言②「基本があれば1を100にすることだってできる。」

出典:news.livedoor.com

「基本があれば1を100にすることだってできる。」

これは無限の可能性を知っている、中田英寿選手だからこそ言えた名言。
人間は努力次第で何にでもなれる、とても奥深い言葉です。
挑戦することの大切さを教えてくれますね!

普通の人だって基本さえあれば努力次第で天才と呼ばれることになるかもしれません。
大事なのは諦めないことです♪

元サッカー選手・中田英寿さんの名言③「負けたのは何かが足りないということ」

出典:www.soccer-king.jp

「負けたのは何かが足りないということ」

これは、負けたのは自分の能力に限界があるからではなく、何かが足りなかったから。
それを補えば次は絶対に勝てる、ということです。

この自信と確信で、数々のサッカーの試合で活躍してきた中田英寿選手。
こう思ってるからこそ、もっと努力して次は勝とう!と、気持ちが強くなりますね♡
何事も楽をしないで、正面から向き合うべきであることを教えてくれる、奥深い名言です。

元サッカー選手・中田英寿さんの名言④「勝利ほど選手にとっての栄養はない。」

出典:www.kanteiya.com

「勝利ほど選手にとっての栄養はない。」

何度も勝利を味わってきた中田英寿選手だからこそいえる名言。
勝利を味わえば、もっともっと勝利したくなる、ということですね。

良い思いをしたら、またそれを味わいたくなるのと同じものです。
そのためにもっとトレーニングし、準備を重ねます。
この考え方は、何事にも大切なモチベーションに繋がるかもしれませんね♡

今回は元日本代表サッカー選手の中田英寿さんの名言4つのご紹介でしたが、いかがでしたでしょうか?
とても前向きになれる言葉ばかりで素敵ですね♡
是非、人生のヒントにしてみてください。