チルしてみない?♡おすすめのシティポップアーティスト6選

シティポップは、ここ数年注目を浴び始めたジャンルです。
ネオシティポップともいえる、新世代のアーティストたちの中から、シティポップを知るなら聞いておきたいおすすめアーティストをご紹介します♪

おすすめアーティストの前に……「シティポップ」ってそもそもなあに?

シティ(都会)のポップミュージック、という言葉からもわかる通り、シティポップとはどこか洗練された雰囲気が漂う音楽のジャンルです。

ロックのように情熱的ではないけれど、聞きやすいイージーな雰囲気が、リラックスしたいときにぴったり。

昔は松任谷由実(まつとうやゆみ)さんに代表されたシティポップですが、ここ数年は、ネオシティポップとも呼ばれるアーティストが支持を集めています。

おすすめのシティポップアーティスト①Nulbarich

Null+But+Rich、それぞれ全く異なる意味の言葉が連なったバンド名で、アコースティックにもグルービーにも七変化する魅力あるシティポップアーティストNulbarich(ナルバリッチ)は、まずは聞いておきたいおすすめアーティストの一つです。

メンバーは固定メンバーではなく音楽に合わせて変わるというユニークなスタイルで、ファンを獲得しています♡

おすすめのシティポップアーティスト②Suchmos

シティポップの代表格といえば、Suchmos(サチモス)をあげる人も多いのではないでしょうか?

メンバー全員が神奈川県出身で、メロディラインと歌声が心地よく、ずっと聞いていたくなる音楽です。
フェスでも引っ張りだこな、おすすめアーティストですよ♡

おすすめのシティポップアーティスト③Yogee New Waves

2017年5月に2年半ぶりのフルアルバム『WAVES』を発表したYogee New Waves(ヨギーニューウェーブス)もチェックしておきたいシティポップアーティストです。

ユーミンなどの音楽にも通じる音楽は、シティポップを知りたいならぜひ聞いておきたいところ。

「都会におけるPOPの進化」をテーマに掲げるなど、これからの音楽シーンで注目したい存在です。

おすすめのシティポップアーティスト④cero

吉祥寺で結成されたバンドcero(セロ)は、Contemporary Exotica Rock Orchestra(コンテンポラリー エキゾチカ ロック オーケストラ)の頭文字からバンド名が作られていることからもわかる通り、現代的な音が特徴です。

なんだか旅に出ているような気分になれる音楽が特徴的な、おすすめのシティポップアーティストです♪

おすすめのシティポップアーティスト⑤Special Favorite Music

Special Favorite Music (スペシャルフェイバリットミュージック)は、バイオリン・トランペットなどを担当するメンバーもいる大人数のグループです。

Special Favorite Musicの楽曲を聴きながら、街を歩きたくなる、都会的で心地いいサウンドは今までありそうでなかった音かもしれません。

クメユウスケとラビンユーの男女のボーカルが在籍し、音の幅も広いのが特徴のシティポップアーティストです♪

おすすめのシティポップアーティスト⑥never young beach

どこかハッピーで懐かしい雰囲気すら漂うシティポップアーティストnever young beach(ネバーヤングビーチ)は、2017年1月にメジャーデビューしたばかりのグループです。

1970年代のフォークなテイストも入った音は、心地よいBGMとしてもぴったり。
「なんもない日」は、日曜日の朝にかけてみたい1曲です♪
フェスに登場するアーティストも出てきているシティポップのジャンルは、心地よいひと時を過ごしたいときにBGMとして流すのもおすすめ♪

【関連記事】本人セレクト♡MACOさんが入浴中に聴くシャワーソング♪

シティポップ アーティスト

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

川島ゆい

丸の内OLからフリーランスに転身してもう5年……。
おしゃれや毎日を充実させることを毎日考えていま…

>もっとみる