バレづらい入れ歯「エステティックデンチャー」施術の期間や費用は?

遅かれ早かれ、歯が抜けたときに「入れ歯」は、必ず装着していくものです。体の一部だからこそ、見た目も美しくありたいですよね。そんな人におすすめしたいのが、この「エステティックデンチャー」です。
エステティックデンチャーの施術や治療期間について、たっぷりお伝えします。

この記事の監修

湘南美容外科・歯科 Dr. 今井 邦彦

入れ歯でよくあるお悩みとは?

年を重ねると、歯がぐらぐらしてきたり抜けてきたりしまうのは、避けられないものです。
そうなったときに活躍する「入れ歯」ですが、せっかく口の一部になるのに「入れ歯とはこんなものだから……」と、見た目の綺麗さを諦めることはしたくないものです。

よくある入れ歯のお悩みとしては、見た目が気になってしまう・食べ物の味が分からない・違和感や異物感が強い・ガタついてしまいよく噛めないなどがあるようです。

そんな、入れ歯のお悩みの救世主といえるべきものがこの「エステティックデンチャー」なんです!

バレづらい入れ歯!「エステティックデンチャー」とは?

エステティックデンチャーの特徴として、入れ歯に透明感が出て人にバレにくいことが挙げられます。
従来の入れ歯だと、金属のクラスプ(留め具)が付いているため、笑ったときに目立ってしまうことも。目立つことが気になって、思いっきり笑えないという人も多いのだそう。

エステティックデンチャーとは、金属のクラスプを使用しない入れ歯の総称のことをいいます。そのため、ただの入れ歯の機能だけでなく、見た目の美しさも完備しているのです。

更に、エステティックデンチャーは装着感が良いことや、入れ歯特有の臭いや汚れが付きにくい部分もポイントです。

そのため、エステティックデンチャーは見た目の美しさが欲しい人や入れ歯だとバレたくない人、入れ歯の臭いが気になる人に非常におすすめの、新しいタイプの入れ歯なのです。

バレづらい入れ歯!「エステティックデンチャー」の通院期間とは?

人にバレづらい入れ歯である、エステティックデンチャーですが、通院の流れや治療期間はどのようになっているのでしょうか。

ご紹介しますので参考にしてみてくださいね。

◇1日目【カウンセリング・型どり】…医師によるカウンセリングとぴったりの入れ歯を作くるための型どりを行う

◇1週間後【噛み合わせ採得】…抜歯が必要な場合は、治療期間が変更になる場合あり

◇噛み合わせ採取から1週間後【装着】…実際に装着し違和感などが無いか確認

その後の通院として、2週間・1か月・3か月・6か月ごとに定期健診・経過診察が必要になります(クリニックによって多少の違いあり)。

バレづらい入れ歯!「エステティックデンチャー」のデメリットとは?

一見、良い部分ばかりのバレづらい入れ歯のエステティックデンチャーですが、
デメリットもあるので把握しておきましょう。

・残っている歯の状態によっては、製作できない場合がある
・噛む力がそこまで強くない
・定期的に作り直す必要があり、結果的にコストがかかってしまう

気になることは医師に相談をして不安要素を無くしてから、エステティックデンチャーをするか決めることが重要です!
いかがでしたか?ただの入れ歯ではなく、バレづらく美しさを求めることのできるエステティックデンチャー。
とても画期的ですよね。デメリットがあるのも事実ですが、もし気になるようでしたらぜひ医師に相談してみてくださいね。

エステティックデンチャー バレづらい 入れ歯 施術 期間

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

本田サラ

休日は家族とピクニックに行って、子供たちと遊ぶことが大好きです。

>もっとみる