コンプレックスだらけの自分を愛する方法

LIFESTYLE

「あの子みたいに可愛くなりたい。」「あの人のここが羨ましいなぁ。」そんな風に誰かと比べて落ち込んでしまうことはありませんか?
人のいいところは見えるのに、自分のいいところにはなかなか気づくことができないもの。
でも、コンプレックスと上手に付き合うことで、本来の自分をもっともっと好きになることができるのです。

人と比べてしまうのは、あなたが前向きだから。

人と比べて、自分の嫌なところが目について、落ち込んで「自分なんか」と思ってしまう。
一見ネガティブな感情にみえますが、実はそうじゃないのです。

これはあなたの「こうなりたいのに!」という【前向きな願望】や【向上心】からくるもので、心の奥底には「自分は今よりもっと輝けるはず!」という期待と理想が隠れています。

まずは、その感情を受け入れてあげましょう。

本当に自分に対して諦めている人は、他人と比べることもしません。

人と比べてしまうことは悪いことではありません。だから自分を責めなくてもいいんです。
「私、いつも頑張ってるよね。」と自分のことをたっぷり褒めてあげてください。

コンプレックスを味方につける女性は魅力的。

もっと可愛かったら……など、女性の願望に繋がるコンプレックスをあげればキリがありません。

理想を高く持てば持つほど、コンプレックスを感じる場面が増えて、しんどくなることもあるでしょう。

でも、実際にあなたがコンプレックスだと感じている部分は、もしかしたら人から見たら羨ましいところかもしれません。

少しだけ視点を変えてみるだけで「なんだ、私のここって意外と可愛いじゃん。」と思うことができます。

完璧な人間はいません。誰だって自分の欠点に悩むことはあるのです。

コンプレックスを【自分の持ち味】や【チャームポイント】としてうまく活用することで、あなたは今までよりずっと魅力的な女性となり、周りの目にも輝いて映ることでしょう。

長所は、思いっきり自覚しよう。

出典:garoll.net

短所やコンプレックスを受け入れることができない。そういう気持ちもわかります。

そんな時は、無理に克服しようとせずに、一度その気持ちを置いてみてください。そして、自分の【長所】にたっぷり向き合ってみてください。

もし、自分の長所がわからないという人は、今まで家族や友達に言われて嬉しかった言葉を思い出してみてください。
また、信頼できる相手に「私のいいところ教えて」って聞いてみるのもいいかもしれません。

気持ちがネガティブになっているときは、誰かに褒められても「どうせ社交辞令じゃないの」と、素直に受け取ることができない時もあります。

ですが、褒め言葉には、自分の魅力の要素がたっぷり詰まっているものです。

そこにちょっと気づくことで、「意外と自分でいるのも悪くない」と思うことができるのです。

世界に一人だけの【わたし】という人間を愛そう。

出典:heyhojournal.com

短所はチャームポイントや持ち味に、長所とはたっぷり向き合う時間を作ることで、気付くと「あれ?前より自分のことが好きになれてるかも。」「すっごく気にしてたコンプレックスが今はあまり気にならない。」そんな風に思えるようになっているでしょう。

少しずつ、【自分を認めてあげる】ことが大切です。

自分の感情と上手に付き合うことで、あなたがもし自信がなくなるような出来事にぶつかった時も、気持ちを切り替えて自分らしさを取り戻すことができます。

この世界には、あなたはあなたしかいないし、誰かと入れ替わることもできません。

せっかくなら自分のコンプレックスも愛してあげて、自分自身でいることをめいっぱい楽しんでみませんか?

コンプレックスというものは、女性の永遠のテーマですね。でも、ちゃんと向き合ってみれば、そこまで嫌なものではありません。あなただけの魅力が、ちゃんとそこにはあるはずです♪