小さなすき間も見逃さない!「デッドスペース」の活用アイディア

LIFESTYLE

いつも通りの生活をしている中で、「物が多くて片付かない!もっと収納できたらな……」と思うことはありませんか?
キッチン周りやリビングなど、少しでもスッキリと見せたいですよね。
そんな時に活用したいのが、デッドスペースです。上手に配置するだけで、収納も沢山でき、おしゃれな空間を維持できるので、注目してみて下さい。

お部屋もスッキリ!デッドスペースの活用術とは?

デッドスペース、それは有効活用されていない空間のことです。
家具同士のすき間や壁など、ちょっとでもスペースが空いていて気になる場所ってありませんか?

そのスペースを上手に活用すれば、増え続けてしまう物をしっかり収納でき、いつまでも快適に暮らすことができます。

デザインや形が豊富にあるのですぐに取り入れることが出来るのも魅力的ですが、今は「ⅮIY」も流行っているので、自分でサイズを測って造ってしまう方が多いんですよ!

そのほうが、家に合うものを造ることができ、カスタムする楽しさも味わえます。

「こんなところに収納が?」と、訪れた方もビックリするような仕掛けを造ってみてはいかがでしょうか。使えないと思っていたスペースが、素敵に生まれ変わりますよ♡

おすすめのデッドスペース活用術①ソファの下などちょっとしたすき間に!

出典:www.nitori-net.jp

ソファの下やベッドの下には気になる空間が多いことってありますよね。その時は、ボックスを入れ、収納スペースにしてしまいましょう♡

100均などでもお洒落な木箱が売っているので、注目してみて下さい。

おすすめのデッドスペース活用術②ストリングでお部屋を広々と使おう

物や棚が増えてしまったときは、壁につけるストリングがおすすめです。床についていないので、お部屋を広くみせることができるんですよ♡

リビングはもちろん、寝室や洗面所などに取り付ければ、その場で必要なものがスッキリ片付けられます。

おすすめのデッドスペース活用術③キッチン周りも大活躍

出典:www.nitori-net.jp

食器棚や冷蔵庫の間にも小さなすき間ができて気になる!という方には、細長い棚を取り入れるのがおすすめです。

脚にローラーをつけておけば、出し入れも楽々なのでとても便利です。

おすすめのデッドスペース活用術④キッチンの裏側に本棚を!

お洒落に見えるアイディアなら、キッチンカウンターの裏に本棚を取り付けるのがおすすめです♡
雑誌をたくさん置けるので、ご飯に悩んだときはレシピ本を見たり、リラックスタイムにはファッション誌を読んだりと、使い勝手がよく、お店のようなお洒落な空間になります。

おすすめのデッドスペース活用術⑤階段下にテーブルを置いてプライベート空間を

出典:www.buzzfeed.com

階段の下にデッドスペースも、あるあるですよね。
収納に使ったりしてる方も多いと思いますが、大胆にテーブルと椅子を取り入れて、お洒落なプライベート空間を作ってみてはいかがでしょうか♪

ちょっとした秘密基地のようにもなりますね。

小さなすき間も見逃さない!デッドスペースのおすすめ活用術をご紹介しました。
収納できる場所が沢山できるので、今よりももっとお部屋をスッキリさせることができそうですね♡
小さなアイディア一つで、お部屋の印象がガラリと変わるので、ぜひ試してみて下さい。