やっぱり恥ずかしいの!?『VIO脱毛』の悩みと基礎知識

やっぱり恥ずかしいの!?『VIO脱毛』の悩みと基礎知識

BEAUTY

VIOラインの脱毛は、デリケートゾーンを人に見られるという恥ずかしさからか、脱毛を考えたことがあっても、とりあえず今はしなくてもいいか!と先延ばしにしている方が多いようです。

しかしVIO脱毛をすると、見た目にも、体にも、良いことが沢山あるんだとか♪
今回、VIO脱毛の方法や、メリットやデメリット、またVIO脱毛をする前に気を付けるべきことなどを、ご紹介します。

VIO脱毛は恥ずかしいの?▶︎VIOとは

脱毛サロンに通われている方や、脱毛に興味をお持ちの方は、VIOという言葉を耳にしたことがあるのではないでしょうか?

VIOとは、Vライン、Iライン、そしてOラインの、各デリケートゾーンをひとまとめにした総称です。
ハイジニーナ脱毛とも呼ばれています。

とてもデリケートな部位なので、表立って話すことは少ないですよね……。
しかし、処理方法などを意外と気にしている女性が多い部位でもあるんです!

VIO脱毛は恥ずかしいの?▶︎VIO脱毛のメリット

VIO脱毛をするメリットとして、まず、清潔になるということがあります。

生理期間中に血液が毛に付着したり、排尿する際に毛にかかってしまったりと、毛があると何かと不衛生になってしまいがち。
不衛生になってしまうと、肌トラブルや膣炎などの原因にもなってしまうので、「ムダ毛はない方がいい!」と、VIO脱毛をされる方が多いようです。

そして、ファッションや身だしなみの面では、ショーツや下着から毛がはみ出さないというメリットがあります!
また、VIOをちゃんとお手入れしていると、喜ぶ男性も多いんだとか♡

せっかく海やプールに行ってカワイイ水着を着たり、セクシーな下着を着用しても、毛がはみ出てていたら、恥ずかしいですよね……!

VIO脱毛は恥ずかしいの?▶︎Vライン脱毛や脱毛の範囲

Vラインは、前から見えるビキニラインのことです。
つまり、ショーツで隠れる、前面の範囲のことをいいます。

VIOの中では広範囲なので、Vラインを上下に分けて、それぞれを一部位としているサロンもあるそう。

Vラインの脱毛は、光脱毛や医療脱毛を行える場合が多いですが、色素沈着の度合いによって、機械の出力を下げて光を照射するようです。
最悪の場合、光脱毛による照射が不可能なケースもあるんだそう。

こうした場合は、電気脱毛で施術可能といわれているので、カウンセリングをしっかりと受けましょう!

VIO脱毛は恥ずかしいの?▶︎Iライン脱毛や脱毛の範囲

Iラインは、ショーツで隠れる、女性器の周囲の部分です。
個人差はありますが、基本的に敏感な部分であり、毛も濃いので、脱毛の光を照射した際に一番痛みを感じやすいパーツといわれています。

Iラインは、外側と内側に分かれていることがあるのですが、サロンと病院とで、施術可能な範囲が変わってきます。

Iラインの外側というのは、大陰唇の部分と、その周りの皮膚の部分です。
Iラインの内側は、小陰唇の粘膜の部分を指します。

粘膜の部分は、病院でしか施術してもらうことができませんし、さらには病院によっては対応してくれないところもあるそう。
粘膜部分に毛が生えていて気になる方は、対応可能かどうか確認してみましょう。

VIO脱毛は恥ずかしいの?▶︎Oライン脱毛や脱毛の範囲

Oラインは、肛門の周りの部位です。ヒップ奥と呼んでいる施設もあります。

自分ではなかなか見えない部分なので、毛が生えていることに気付いていない女性もたくさんいるようです。

Oラインの脱毛は、Iラインと同様に、粘膜付近の施術になるので、病院で施術してもらうと安心ですね。
コスト面で難しい場合や、他の部位の脱毛を行っているサロンなどで施術してもらってもいいでしょう。

病院で施術してもらうメリットとして、塗るタイプの麻酔が使用可能な点にあります。痛みに弱い方は相談してみると良いですね。

Oラインの脱毛後は、施術した部分の皮膚が炎症気味になることもあるため、普段より清潔に保つよう心がける必要があるでしょう。

VIO脱毛が恥ずかしいと思う理由

「VIO脱毛は、恥ずかしい……!」と思っている方は多いはず。
デリケートゾーンを他人にさらすことになるので、エステなどで他人に裸を見られることに慣れている方でない限りは、恥じらいを持って当然と言えば当然ですよね。

しかし、それは最初だけ。
2、3回目にもなってくると、あまり恥ずかしくなくなってきますよ♪

タオルで体全体を隠していますし、必要な部位だけめくりながら施術することが一般的。
サロン側の気遣いを感じられるでしょう。

また、サロンのスタッフなどは、毎日毎日、一日に何人も施術するので、産婦人科の先生のように、デリケートゾーンを見ることに慣れているかもしれませんね。
サロンのスタッフや医師は、案外なんとも思っていないので、勇気を振り絞ってみましょう!

VIO脱毛をする前に確認する事①施術方法

VIO脱毛をする際に気を付けたいこととして、施術方法が挙げられます。
クリニックとエステサロンとでは、料金や痛みに違いがあることが一般的なので、自分に合った施設を探す必要があります。

脱毛の方法には、主に以下の施術方法があります。

☆光脱毛☆

フラッシュ脱毛とも呼ばれています。
脱毛サロンや総合エステサロンにて主流の脱毛方法となっています。
脱毛したい箇所に光りを照射して、毛根の細胞にダメージを与えます。
回数を重ねながら、少しずつ毛を薄くする方法です。

デメリットとしては、永久脱毛ではないので、しばらくすると毛が生えてくることがあります。
また、通常、ホクロから生えた毛には光を当てられないため、施術はできません。

メリットは、痛みを感じることが少なく、お肌にも優しい方法であるということと、一度に広範囲の施術が可能ということにあります♡

最近は、エイジングケアをしながら脱毛ができるなど、美肌や美白効果を期待できる施設も増えているんですよ♪

☆医療脱毛(レーザー脱毛)☆

こちらは光脱毛とは違い、医療行為となります。
そのため皮膚科や美容外科などの、医療機関でしか施術してもらうことができません。

メラニン色素に反応するレーザー光を照射して、その熱で毛根を破壊して、永久脱毛をする方法です。
毛根を焼いてしまうので、効果が出るのが早いため、比較的に通う回数が少なくて済みます。

デメリットとしては、光脱毛よりも料金が高額であるケースが多いことと、個人差はありますが、比較的強い痛みが伴うことが挙げられます。

☆電気脱毛(ニードル脱毛)☆

医療脱毛や光脱毛の進化によって、近年は施術する機会が少なくなってきた脱毛方法です。
一つ一つの毛穴に細い針を刺し、その針に電気を流して、毛根を破壊する脱毛方法になります。

手間と時間がかかるので、料金が高めであり、そして強い痛みも伴うのですが、光脱毛や医療脱毛ができない部位にも対応しているそうです!

主な3つの脱毛方法をご紹介しましたが、施術方法の詳細は、サロンやクリニックに聞いてみてくださいね♪

VIO脱毛をする前に確認する事②担当者の性別

施術にかかる前に確認したいのが、担当者の性別です。

特に、病院で医療脱毛を受けようとしている方は注意しましょう。
脱毛サロンでは、基本的に女性ばかりですが、病院での医療脱毛となると、男性医師が施術を担当することがあります。
問診は女性医師であっても、施術は男性医師が行う、というパターンもあるようなので、注意が必要です。

デリケートゾーンなので、やはり男性より女性に施術してもらった方が、何かと安心ですよね!

女性に施術してもらいたい方は、その点の確認を怠らないようにしましょう。

VIO脱毛をする前に確認する事③肌のケア方法

VIO脱毛をする際に、見落としがちなのが、脱毛をする際のスキンケア方法!

ちゃんとした脱毛サロンや病院であれば、しっかりとした説明や提案をしてもらえるので安心です。

しかしアレルギー体質の方は、レーザーを照射する部分に塗るジェルやクリームの成分などでアレルギー反応が出ないか、事前に確認する必要があります。

確認不足は肌トラブルの元になりますので、契約書のサインをする前に、しっかりスタッフや医師に相談するようにしましょう。

また、施術後、その日は湯船に入らず、シャワーだけにとどめる方が望ましいこと、体を洗うときにはこするように洗わないことなど、終わった後も気を付けなくてはならないことがいくつかあります。
スタッフの説明を聞き逃さないようにしましょう!

VIO脱毛をする前に確認する事④理想の形

VIO脱毛をする際に、前から見えるVラインの形をどのようにするかなど、サロンやクリニックのスタッフと相談することになります。

Vラインの形は、実はいろいろあるんです。
身につける下着の形によっては、毛がはみ出してしまう恐れがあるので、よく考えてから決めましょう。
希望とは違う形になっては大変ですので、自分の希望をしっかりと伝え、施術方法を確認するようにしましょう。

今回は、いくつかのVラインの形をご紹介します。

☆ナチュラルスタイル☆
・スクエア型
自然な形に整えた型です。
ナチュラルなので、一番抵抗感が少ないスタイルと思われます。
初心者にもおすすめですね。
しかし、ローライズの下着やビキニを着ると、毛がはみ出てしまう恐れがあるので気を付けましょう。

☆セクシースタイル☆
・Iライン型
細い長方形のような形です。セクシーなので、海外で人気のスタイルなんだそう♡

☆シンプルスタイル☆
・大きめ逆三角形
シンプルな大きめの逆三角形です。
比較的にナチュラルな形なので、抵抗感を覚えにくいですね。
きちんと手入れをしている感もあるので、男性から人気のあるスタイルのようです。

・小さめ逆三角形
大きい逆三角形よりも、大胆な雰囲気が出せます。
全処理はしたくないけれど、ほとんど毛をなくしたい!という方におすすめです。

☆ブラジリアンスタイル☆
・全処理
VIOの毛を、すべて処理したスタイルです。
モデルや海外セレブの間でも人気なんだそう♪
どのような下着を着用しても、毛の心配をしなくて済みますね。

いかがでしたか?
VIO脱毛は、どうしても恥ずかしさを覚えてしまうため、躊躇してしまいがちですが、メリットも沢山あるようです♪
少しでも気になっている方は、サロンや病院を検索してみましょう!
不明瞭なことをなくしていけば、ハードルも下がり、VIO脱毛をする勇気もわいてきますよ♡

2016.11.22 UP
※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。