本が苦手でも読めちゃう!のめり込むほど面白いミステリー小説4選♪

LIFESTYLE

「読書の秋って言葉もあるし、本でも読んでおきたい!でも、本読むの苦手だな~」という方も少なくないのでは?
私もその中の1人です。そんな私でも、夜続きが気になって眠れない本がありました☆
今回はそんな本苦手女子でも読めるミステリーをご紹介します!

本苦手女子でもはまるミステリー小説①「ソロモンの偽証」宮部みゆき

www.amazon.co.jp

ミステリー小説といえば宮部みゆきさん♪

こちらは映画化もされているので、名前だけは知っているという方も多いのでは?
第Ⅰ部、第Ⅱ部、第Ⅲ部で構成されていて、どれも量的にはかなりありますが、驚くほどすんなりと読めました♡

まだまだ子供な中学生や、その周りにいる家族、世の中の人から関心をもってもらうために動くマスコミなどがリアルに描かれています。
宮部みゆきさんの最高傑作ともいわれている小説です!

ソロモンの偽証: 第I部 事件 上巻

¥810

販売サイトをチェック

本苦手女子でもはまるミステリー小説②「告白」湊かなえ

www.amazon.co.jp

こちらもかなり有名な小説ですが…やっぱり湊かなえさんの「告白」は外せない!
こちらはなんと湊かなえさんのデビュー作なんです♪

自分の子供を学校の校舎内で亡くした女性教師が、終業式にクラスのHR中に犯人を指し示します。そこから、犯人や犯人側の家族などさまざまな目線で物語が進んでいきます。

続きが気になって眠れない人続出のミステリー小説です!

告白

¥669

販売サイトをチェック

本苦手女子でもはまるミステリー小説③「理由」宮部みゆき

www.amazon.co.jp

次におすすめしたいのは、宮部みゆきさんの「理由」!
まさか、ドラマ化も映画化もされているなんて驚きました。

”超高層マンションの1室で一家惨殺事件が起こり、その犯人として1人の男が指名手配される。しかし、警察がその事件を調べてみるとそこで殺されていた人たちは家族ではなく赤の他人だった。それによって事件はさらに謎に包まれていく…。”といったストーリーです!

続きが気になる方はぜひ読んでみてください☆

理由

¥576

販売サイトをチェック

本苦手女子でもはまるミステリー小説④「ゆれる」西川美和

www.amazon.co.jp

最後にご紹介するのは、映画監督でおなじみの西川美和さんの作品「ゆれる」。

こちらは映画の小説化ということで話題を呼んだ作品です。
”カメラマンとして活躍する弟と、実家で家業と父親の世話をする毎日の兄の非常に対照的な2人。久しぶりに再会した2人は幼馴染と3人で渓流に向かうが、幼馴染が吊り橋から落ちてしまい…。”というお話です。

幼馴染が吊り橋から落ちたのは事故だったのかそれとも事件なのか、お互いの内面的な性格などが徐々にあらわになる、心理的な部分がカギとなっている小説です!

ゆれる

¥576

販売サイトをチェック

本が苦手な人にもおすすめのミステリー小説いかがでしたか?
以上で述べたミステリー小説はとてもページ数の多いものからすぐ読めるものまでさまざまなので、自分に合ったものから読んでみてください!
寝不足には注意ですよ☆